漂白剤ブリーチとかたくり粉を使うべし!お風呂のカビはこれで決まり

スポンサーリンク
家事
スポンサーリンク

カビってやっかいですよね。

 

実は実家にいた時から、
今現在もお風呂のカビって永遠の悩み^^;

 

大げさすぎ?かな~

 

でも、それくらいカビって脅威ですよね。

 

お風呂場って、カラダを洗って
キレイになるトコだけど、
隅にカビが生えているのを見ると、
気分が下がりますよね。

 

また、一日の疲れも取れませんよね。

 

カビは毎日の垢や汚れ、残りカスなどの
栄養、温度、湿度、酸素、時間がそろうと
住むのに最適な場所になるんです。

 

実家にいた時から、お風呂掃除は好きだったので、
誰から言われるでもなく率先してやっていました。

 

が、カビの部分にカビ取りスプレーをしていたので、
液だれして行き届いていなかったです。

 

そこで、今回お風呂のカビをかんたんに
落とす方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

カビを落とす前に3つのポイント

  • 漂白剤を使うのがオススメ。
  • 浴室が乾いてからやる。
  • ゴシゴシこすっちゃダメ!
    浸透させるのがポイント

 

<カビを落とす前の準備物>
 ・塩素系漂白剤
 ・かたくり粉
 ・へら

  1. まず、バケツに塩素系漂白剤を入れる。

  2. 同じ量のかたくり粉を入れて、
    ペースト状になるまでこねる。

  3. できあがったら、カビの部分にへらで塗っていく。

  4. 塗ってから5分くらい放置。

 

漂白剤はキッチンブリーチを使うと節約できます

 

あとはカンタン。

 

熱いシャワーで洗い流すだけ。

 

かんたんでしょ?

 

カビの部分に塗るだけなので、

手も汚れずカンタンにできて
めちゃめちゃきれいになります。

 

きれいになったトコでカビが生えないように予防するには

お風呂場は冬でもカビがはえます。

とくに冬は熱いお湯を張り、
使った後も浴室が暖かいのでカビが生えやすい。

 

 

お風呂を使った後にしておくこと

  • 壁や床に50℃のお湯を90秒間かける
  • 換気扇をつける。
  • 体を洗うタオルは乾くようにする。
  • 一週間に1回、50℃のお湯を5秒間かける

 

上記の点に心がけるだけで、カビが生えなくなります。

 

ちょっとした手間だけど、
カビで悩まなくていいので、
家事が減って楽じゃないですか?

家事
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう♪
ミッキーをフォローする
気になる記事ある?