引っ越しで雨の日は縁起が悪いって本当?気になるウワサを調査!

引越し

近いうちに引っ越しを考えている方!
天気やスピリチュアルが気になりますよね^^;

 

引っ越しの日が雨だとうまく作業が
すすまなくて大変!

 

雨の日に引っ越しをすると、
縁起が悪いと聞いたことある方もいますよね。

 

しかし、引っ越しで雨の日はどうして
縁起が悪いのか?
ご存じない方も多いでしょう。

 

そこで今回は、引っ越しで雨の日は縁起が悪いと
言われるのは本当なん?
引っ越しで雨の日に気をつける点をご紹介します。

引っ越しで雨の日は縁起が悪いと言われるのは本当?

引越しの日に雨が降るのは、
縁起が悪いと言われています。

 

しかし実は…

 

縁起がいいとされているのです。

 

雨が降ってくることは
神様が引っ越しを祝福していて
幸運が舞い込んでくるんです

 

根拠があいまいですが、水には
昔から邪気を払う効果があるといわれています。

 

 

よく恵みの雨などと言われていますよね。

 

 

雨は作物にはなくてはならないものなので、
緑豊かにするだけではなく
人々の生活を豊かにしてくれます。

 

 

ですから引越しなどの人生の転換点を、
雨が降ることで神様が
お祝いしてくれているのだと考えられます。

 

引っ越しで雨の日に気をつけることは?

引っ越し作業を雨の日にする時、
気をつけなければならないことがあります。

 

 

できるだけ雨に濡れないような対策が必要

 

 

雨が降っている引っ越し当日には、
雑巾やタオルを何枚か用意しておきます。

 

タオルは濡れてしまった荷物の水滴を
拭うために使います。

 

ほかにも、大きいビニール袋や、エアーキャップ、
防水性の高い布テープ、ビニールシートなども
用意しておくとよいでしょう。

 

荷物を運ぶ道は、雨でとても
すべりやすい状態になります。

 

ですから通路には、ダンボールや
不要のバスタオルなどを敷くことで、

すべり止めの対策にもなり、
安全に作業ができます。

 

荷物を置く床には、ビニールシートを敷いて、
上に荷物を置きましょう。

 

雨の日は室内が濡れて汚れやすい状態に
なっているので、雑巾などを使い、

床や畳などを拭き掃除してから
終えるようにします。

 

また、引っ越し車両の荷台に屋根付きの車両を
手配するのも忘れないでください。

 

さらにすべり止めのゴム手袋も
着用するとよいでしょう。

 

まとめ

今回は、引っ越しで雨の日は縁起が
悪いという噂は本当なのか?

 

気をつける点をご紹介しました。

 

これらを参考にして、引っ越しする方雨の日は
気をつけて作業してくださいネ^^

タイトルとURLをコピーしました