日傘で紫外線対策はできる?日傘を指すコツもご紹介!

美容・健康

女性の方は特に、
夏の強い紫外線に敏感ですよね。

 

晴れている日は紫外線も強いので、
日焼けだけではなく紫外線の対策も
必要です。

 

紫外線対策で日傘を指している方も多いですが、
日傘を差すことは紫外線対策に
本当に効果があるんでしょうか。

 

今回は、日傘は紫外線対策になるのか
さらに日傘の差し方のコツについて
ご紹介します。

 

日傘で紫外線対策

そもそも日傘は紫外線対策になるの?

 

ズバリ答えは、イエスです。

 

日傘を差すことで、布によって
遮られるため、日中の紫外線対策としては
充分効果があります。

 

日傘といっても布の素材には
さまざまなものがありますよね。

 

布の素材によって紫外線を
遮る効果に違いがあります。

 

効果が高いのは
一般的にポリエステルだといわれています。

 

ポリエステルの日傘は、
紫外線対策という面では一番効果がありますが、
ポリエステルは熱を吸収するので結構暑い!!

 

日傘は紫外線対策だけではなく、
太陽の暑さ対策にもなるので、
ポリエステルは向いていないでしょう。

 

しかし、最近の日傘では
UV加工をされているものが多く見られます。

 

UV加工されているのを選べば、
暑さ対策にもなるのでオススメ^^

 

あまり奇抜なデザインで穴が空いていたり
透けていたりするものは、

機能性が低い場合も多いので
避けた方がよいといえます。

日傘、紫外線カットできてる?お手入れ方法と買い替え時期を伝授!

 

紫外線を防ぐために日傘を差すコツ

夏には日傘を差して歩いている方を
多く見かけますが、
きちんと
効果のある差し方をしているんでしょうか?

 

何となく差している人も多いかと思うので、
日傘の効果的な差し方を見ていきましょう。

 

 

  • できるだけ体の近くで差す

 

いくらUV加工されているのを選んだとしても、
体から遠いところで差しては
効果もなくなってしまいます。

しっかりと紫外線を防ぐには、
できるだけ肌から
離さないようにして差しましょう。

 

  • 顔に近づけて差す

 

紫外線は太陽と同じように、地面から反射します。
ですので、反射した紫外線にも
注意が必要になってきます。

体に近づけるのはもちろんのこと、
できれば顔の近くで日傘を差すことによって、

反射した紫外線対策もできるでしょう。

近づけすぎて、
前が見えずぶつからないように
気をつけましょうね^^

 

まとめ

今回は、紫外線対策に日傘を差すのは
効果的なのか、また紫外線対策に
効果のある日傘の差し方について
ご紹介しました。

 

日傘で紫外線対策をしっかりとして、
夏を乗り越えていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました