大雨洪水警報で学校は休みになる?横浜市教育委員会の見解!

生活

大雨洪水警報が発令されると、
学校は必ず休みになる?

 

 

でもものすごい大雨が降っていても、
学校が休みにならない場合もありますよね。

 

 

今回は学校が大雨によって休校になる基準
紹介します。

大雨洪水警報で学校が休みになる基準は?分かりやすく解説

大雨洪水警報が発令されていても、
学校が休みになるかどうかは
市区町村によって基準が様々。

 

 

全国一律で、
基準が決められているわけではないんですよね。

 

 

そもそも大雨洪水警報そのものが発令されるのも、
市区町村によって基準がバラバラなんですよね。

 

 

ということで、隣の地域が大雨洪水警報が発令されていて
休校になっても、自分が住んでいる地域も
同じように警報が発令され、

学校が休みになるとは限らないんです。

 

 

基本的には各学校や教育委員会で、
休校になるかどうかの基準が設けられていますが、

大雨や暴風などの状況によっては、
休みにならない場合もあります。

 

 

例えば横浜では午前7時の段階で、
暴風警報が発令中の場合は休校になります。

 

 

ただし、暴風警報ではなく大雨洪水警報のみが
発令されていた場合は、

学校から連絡がない場合は
基本的に休校にならないんですよ。

 

 

でも大雨洪水警報が出ているのにも関わらず、
子供たちを登校させるのって
すごく心配になりますよね…^^;

 

 

他の地域や学校でも、警報が発令されているのに、
学校が休みにならないことがあるんでしょうか?

⇒⇒⇒大雨警報って何ミリで発令されるの?あなたの疑問にお答えします

 

大雨洪水警報でも学校が休みにならない時がある!どんな場合?

横浜市だけではなく、
たとえ大雨洪水警報が発令されていても、

学校や教育委員会の判断によっては
休みにならない場合もあります。

 

 

学校が休みになるかどうかは、大雨洪水警報よりも、
暴風警報が基準にする場合が多いんですよ。

 

 

暴風だと木が倒れたり物が飛んで来たりするし、
古い建物だと崩れてしまう危険性があるから、

子供たちを登校させないようにするんです。

 

 

でも大雨警報は単純に雨の降水量が
多いだけの場合もあるので、
休みにならないんですよね。

 

 

ただし、山沿いなどで斜面のある地域や、
近隣に大きな川がある場合は、

大雨によって地盤が緩んで土砂崩れが起きたり、
河川が氾濫して浸水被害が発生する可能性もあるので、
学校が休みになる可能性もあります。

 

 

要するに近くに山の斜面や
氾濫しそうな川があるかどうかと、

暴風があるかどうかで
休校かそうでないかが判断されるんですね。

 

 

もちろん、学校が休校にならなかったとしても、
保護者が登校させるのは危険と判断したら、

無理に学校に行かせずお休みさせても良いでしょう。

 

 

ただ、休校になるかどうかは
本当に学校によって対応が違うので、

大雨でしかも警報が発令した場合は、
念のため学校に問い合わせをするのがいいですね。

 

まとめ

大雨洪水警報が発令されていても、
学校が休みになるかどうかは、

地域の教育委員会や学校によって
判断が変わってきます。

 

 

でも暴風警報が発令されると
休校になるケースが多いので、

大雨洪水警報のみ発令だと、
休みにならない場合もあるんですよね。

 

 

もしそれでも登校させるのが
危険と保護者が判断したら、
無理に学校へは行かせず休ませた方が安心でしょう。

タイトルとURLをコピーしました