恐ろしい熱中症に子供がかかってしまったら!?対処法が未来を決める

妊娠・子育て

熱中症って、命にかかわることがあるから

本当に怖いですよね…。

 

小さいお子さんは体力がないから、
熱中症にかかるのは特に避けたいところ。

 

そこで今回は、我が子を熱中症から守りたい親御さんのために、
子供は熱中症になるとどんな症状が現れ、

どんな対処法があるのかを解説します。

 

熱中症の子供に見られる症状は?まずは把握しよう

熱中症になると、

まず初期症状として軽いめまいや頭痛などが現れます。

 

どんどん症状が進行していくと、
吐き気がしてきて嘔吐したり、顔色が悪くなってきます。

 

発熱して40℃を超える体温になったり、
手足がけいれんしてくるようになると、

もう熱中症も重度になってきてしまっているので、

救急車を呼んで病院に搬送した方がいいレベル

 

できれば熱中症は軽度の段階で食い止めたいです…。

 

 

基本的に熱中症になったときの症状は、

大人も子供もそこまで違いがないんですが、

子供、特に乳幼児は体温を調節する機能が未発達だし、

体力もあまりないので熱中症になると更に危ないです。

 

 

子供は夏場、遊びに夢中になってしまい、
熱中症にかかってしまうリスクが高いので、

親御さんや周囲の大人が

ちゃんと見ていてあげないといけませんね!

 

 

熱中症に子供がなってしまった時の対策法! 予防とともに伝授します

 

熱中症になった時の対策と予防法を紹介します。

 

 

  • 具合が悪そうなときは日陰で休ませる!

もしもお子さんが熱中症になってしまったら、

木陰や屋内など涼しい場所に移動して休ませ、
水分補給をさせるのがベスト

 

それで体調が戻れば問題ありませんが、

もし具合が悪いままでしたら、
すぐに病院へ連れていってあげましょう。

 

先ほども少し説明しましたが、

意識がなかったり体がものすごく熱くなっている場合は、
救急搬送で病院に連れていくのが安心です。

 

 

  • 重度の熱中症になったらとにかく体を冷やす!

重度の熱中症になってしまい、救急車を呼んだら、
到着までの間は応急処置をしましょう。

 

まだ意識があって、自分で水が飲めるなら、
水分を少しずつ摂らせるのが良い。

 

お子さんの脇や太ももの付け根あたりに水をかけたり、

氷や保冷剤を当てるなどして冷やしてください。

 

また、うちわや扇風機が近くにあれば、
風を当ててあげるといいですよ。

 

熱中症になったら、体をとにかく冷やすことが重要!

 

もしもの時のために覚えておくといいですよ。

 

 

  • 予防のためにも休憩と水分補給を!

熱中症を予防するにはやっぱり水分補給が大事!

いっぺんに大量の水分をがぶ飲みするのではなく、
こまめに少しずつ水分補給をするのがおすすめ。

 

 

水分補給に適しているのはスポーツドリンクなどですが、

糖分が気になる場合は麦茶でもOK!

 

 

どんなに遊びに夢中になっていても、

適度にお子さんを涼しい場所で休ませるようにしてくださいね。

 

もちろん、プールや海水浴に行ったときも
適度な休憩と水分補給が大事。

 

 

  • あまりにも酷暑の日には外出をなるべく避ける

年々、日本の夏はかなり気温が上がり続けて、
とんでもない猛暑日になる日もありますよね…。

 

あまりにもひどい暑さの日は、
外出したりお子さんを外で遊ばせるのも控えましょう。

 

その方が熱中症なるリスクをガクンと減らせますよ。

 

 

  • エアコンを適切に使う

熱中症になるのは屋外だけではなく、

屋内にいるときにも起こり得ます。

扇風機ではしのげない暑さの場合は、
エアコンも適切に使うと良いですよ。

 

エアコンは体に悪いという話を耳にしますが、

熱中症になる方が断然体に悪いし、
温度を下げ過ぎなければそこまで問題ありません。

 

27℃~28℃に設定して、扇風機なども併用すると、

熱中症も防げるし、いわゆるクーラー病になる心配もなしですよ!

熱中症で幼児に出る症状とは?その危険性を知っておこう

 

まとめ

子供に限らず熱中症になると、

頭痛やめまいがしてきて、嘔吐や顔色が悪くなり、
重度になると高熱や意識がなくなるなどの症状が現れます。

 

熱中症になってしまったら、とにかく体を冷やして、
意識があるようなら水分を補給させると良いですね。

 

熱中症の予防には水分補給とこまめな休憩が大事。

あまりにも暑い日は、

できるだけ外出しないほうがいいですね。

タイトルとURLをコピーしました