丸ごと買った白菜はどこまで剥く?その疑問にお答えします

食べ物・飲み物

白菜って、炒め物にしたり鍋物に入れたりと
いろいろな調理法がありますよね。

 

何と言っても、寒い冬に食べるお鍋に
白菜は欠かせません!

 

葉物野菜の中でもくせがなく食べやすいので、
お子様がいる家庭でも食卓に
出しやすい野菜。

 

この白菜を1玉丸ごと買ってきて、
たっぷりと白菜を食べるなんて
人も多いのではないでしょうか。

 

ただ、白菜って剥いても剥いても
変わらないというか・・・

 

少し色が薄くなっているかな?硬いかな?なんて
思いつつも、皮がある訳ではないので

どこまで剥けばいいのか
どこまで食べたらいいかわからないです!

 

 

白菜って一体どこまで剥く?
また、一番外側の葉も食べられるんでしょうか?

白菜の外側は傷んだところや硬い部分をとればOK

白菜を丸ごと買った時、外側から何枚かの葉を
捨てていたという人もいるかもしれません。

 

白菜の葉は傷んでいる部分を
剥くだけでOKですよ!

 

そして、あまりに固いという葉は
とってしまいましょう。

 

白菜によっては、1~2枚傷んでしまっていて
剥かないといけないのもありますが

全く痛んでおらず、剥かなくても大丈夫!
なんていう白菜もあるんですよ。

⇒⇒⇒美味しい白菜を選ぶコツは?プロは底辺の切り口!

 

白菜の一番外側は捨てないで!傷んだところをとったら炒め物

 

痛んだいる所だけ取り除いても、
外側の葉って内側の葉に比べると固さがあるので

美味しく食べれないんじゃないの?!
なんて思うかもしれません。

 

確かに、内側の葉に比べると固さや
青臭さを感じます。

 

 

これだけ聞くと食べても美味しくない・・・と
思うかもしれないですが、調理法を工夫することで
美味しく食べられるんですよ。

 

一番外側の葉は傷んでいなければ食べられます。

 

鍋物にすると、青臭さや固さが気になりますが
油を使った調理がおすすめです!

 

油を使った白菜の料理・・・

 

炒め物がおすすめです!

 

白菜は豚肉との相性がいいので、豚肉と一緒に
炒め合わせるととても美味しいですよ。

 

味付けは、鶏がらスープの素や
オイスターソースなど好みの味付けでOK!

 

今までなんで捨てていたんだろう・・・と思うほどに
美味しくできますよ。

 

まとめ

白菜の外側の葉を今まで捨てていた!という人は
もったいないです!!

 

固めの葉だからこそ、火を通しても
歯ごたえが残り美味しいんです。

 

外側の葉もぜひ、炒め物にして美味しく
食べましょう^^

タイトルとURLをコピーしました