箱根園水族館は子連れにこそおすすめスポット!?

お出かけ

あなたは、箱根園って知っていますか?

 

都心から一時間半で行ける観光地なんです。

 

箱根は温泉が豊富で日ごろの疲れを癒したり、
美しい自然を眺めることができるので、
大人にとってはとても楽しい観光スポット!

 

子供にとっては、温泉や紅葉と少々退屈に
感じてしまう場所ですよね。

 

さらに子供って移動時間が長いとグズるし、
車でも電車移動でも
子供の機嫌が悪いとパパママは大変^^;

 

その点箱根は首都圏からも近いので、
移動距離が短くて済みます。

 

そんな箱根で子供も喜ぶ海賊船に乗れる芦ノ湖周辺を、
子連れお出かけに選ぶ方も
きっと多いのではないでしょうか。

 

その芦ノ湖のすぐ近くに、
大人も子供も大いに楽しめるスポットがあるので
ご紹介します。

箱根園は子連れにこそおススメ!

芦ノ湖観光でぜひ立ち寄りたいスポット!

 

それは箱根園です。

 

箱根園は小さなお子さんから大人まで、
一日楽しめるレジャースポットなのです。

 

箱根園はロープウェイに水族館、
レストランや体験工房、ショッピング、

さらに動物と触れ合える場所もあり、
幅広い楽しみ方が出来ます。

 

芦ノ湖から近いので散策気分で楽しめ、
箱根園から芦ノ湖や富士山をバックに
記念撮影も出来ます。

 

水族館は日本で一番標高の高い場所にある海水水族館と
言われており、景色も抜群。

 

そんな箱根園にある水族館は、
小さなお子様連れのファミリーにこそおススメなんです。

 

理由は、ほかの水族館に比べてこじんまりしていて
アットホームな雰囲気なので、
小さな子供連れでも無理なくゆっくり見て回れるからです。

 

もちろんベビ-カーもOK。

 

こじんまりといっても、

「海水館」「淡水館」「バイカルアザラシ広場」の
3つのエリアからなる水族館は、

 

芦ノ湖の魚から世界の魚まで、
珍しい生き物たちの姿を見ることができ、
見どころは沢山!

 

おむつ替えシートは女性トイレ内にあり、
授乳室は水族館ではなく箱根園ショッピングプラザにあります。

 

ちなみに紙おむつの販売はありますが、
粉ミルクはないようですので準備を忘れずに!

 

箱根園水族館の見どころ

 

見どころ満載な箱根園水族館の魅力ご紹介しますね。

 

この箱根園水族館の「バイカルアザラシ広場」には、
まるで温泉に浸かっているようなしぐさをすることで

人気者になったバイカルアザラシのビリー君がいます。

 

大きな体で目をくりくり輝かせ泳ぎ方も
かわいいアザラシ達の姿は
見ているだけで癒されます。

 

バイカルアザラシを見られるのは日本でもここだけだそう^^

 

そんな彼らのショーは高い人気を集め、
アザラシ達のユーモラスな動きに
ほっこり癒されること間違いなしです。

 

「淡水館」では芦ノ湖から世界の希少で
個性豊かな魚たちを眺められますし、
「海水館」にはオープンエアーな大水槽に
沈没船があります。

 

本物の海さながらの演出を見ることが出来ます。

 

決まった時間にダイバーが魚に
餌をあげるんですが、魚たちのかわいい食事姿に

しばし心を奪われる時間を堪能できます。

 

また大水槽を囲むように通路があり、
小さな子供でものぞける丸窓からは、
水中にいるような感じで鑑賞できます。

 

箱根園施設内には盛りだくさん!

箱根園水族館以外にも、体験ものも充実しています。

 

「らくやきこーなー」では
カップやお皿の絵付けにチャレンジできます。

 

箱根といえば「寄木細工コーナー」もあります。

 

気軽に楽しめて、
世界に一つだけの作品を旅の記念にいかがでしょうか。

 

箱根園の敷地内には、
「どうぶつランドだっこしてZOO!」という施設があります。

 

室内型のコンパクトな施設なので、
雨でも大丈夫です。

 

広さも端から端まで2分くらいで行けます(笑)

 

この中にギュッと色々な動物がいて、
小さいお子さんがいても、
目の届く範囲で遊ぶことができるので安心です。

 

犬、猫、うさぎ、フクロウ、羊、やぎ、カピバラにミニブタ、
他にも色々いて、おやつをあげられます。

 

ケースに入っていましたが、
蛇などもスタッフに言えば触れるそうです。

 

犬と猫はそれぞれ囲って部屋になっており、
猫カフェさながら長時間いるお客さんもいました。

 

うさぎの種類が多く感じました。
子供たちも餌をあげられて満足していました。

 

ちなみにエサ代は別料金で、
カップに入ったミニサイズ(300円)から
バケツに入ったサイズ(1000円)まで。

 

猫カフェふくろうカフェ好きの方、
他では触れ合えることが少ないカピバラ好きな方も、
もってこいな観光スポットです。

 

こちらのどうぶつランドだっこしてZOOは再入場可なので、
お子さんが触れ合いを楽しんでから、

 

箱根園内のレストランで
お昼ご飯を食べた後に再入場ができます。

 

水族館と両方行く場合は、
水族館がスペース的に早く見終わって

アザラシのショーまでに時間が
空いてしまわないように、だっこしてZOOから
見て回るのもありです。

 

両方見て回ってそろそろお腹が空いてきたけど、
子供は待ってくれません。

 

箱根園には芝生があるので、
お弁当を食べている家族連れもいました。

 

箱根園水族館のランチ

我が家はどんぶり屋というお店に入りましたが、
外国の方が沢山いらっしゃいました。

 

どんぶり屋では豚丼やすたみな丼を頼みました。

 

観光地のレストランという目線で食べてもおいしく、
フリーの漬物三種類もおしかったです。

 

他のレストランにはカレーやラーメン、
「ななかまど」という団体客も入れる定食やさんもあります。

 

こちらは口コミを見ると
観光地価格はあまりよくないですね^^;

 

いちばんよかったのは、
パン工房で子供用にパンを買ったのですが、

箱根プリンスホテル特製のオリジナルブレッドを、
その場で焼き上げて販売しているそうです。

 

子供の好きなメロンパン、デニッシュなど、
どんどん売り切れる中、

残っていたアンパンとクワガタのパンなどがありました。

 

その時々で箱根にちなんだ菓子パンを販売し、
アザラシパンも人気だそうです。

 

工房は広いフードコートのような空間の端っこにあります。

 

子供がぐずった時は、
このパン工房で購入して食べてもいいし、
箱根と言えば渋滞中の小腹対策にもおススメです。

 

箱根園の料金とクーポン

箱根園の魅力をお伝えしてきましたが、
気になるのは料金です。

 

まず駐車場は一回1,000円です。

 

  • 水族館のチケットは、大人1,500円こども
             (4歳から小学生)750円。

  • だっこしてZOOは大人1,000円、
    こども(2歳から小学生)800円。

  • セットのチケットは大人1,800円、
    こども(4歳から小学生)1,100円。

 

2、3歳の子供は、
ふれあいどうぶつランドだけお金がかかるようですね。

 

箱根園水族館ではダウンロードした用紙のアンケートに答えると、
インターネット割引券があり、
大人1,300円こども650円に。

 

水族館だけならコンビニの前売り券が一番安いようです。

 

まとめ

芦ノ湖の湖畔という自然にあふれたところにある箱根園。

ロープウェーや遊覧船だけではなく、
ここでしか楽しめないショーや
展示が数多くある水族館を楽しんでみませんか。

 

温泉や美術館ではなく、
子供と一緒に楽しめる箱根園に立ち寄って、

いつもと違う子供も喜ぶ箱根の旅の思い出を作りませんか?

 

ただしさすが山の上、閉園時間は17時なので行く時は、
早めに行ってくださいネ^^

タイトルとURLをコピーしました