ゴーグルの曇り止め加工が効かない?!仕組みを知って正しく使おう!

スポーツ

曇り止め加工のゴーグルを使っているのに、
なぜかレンズが曇ってしまう!?

 

その理由はなんでしょうか?

 

 

レンズに曇り止め加工が施されているなら、
曇らないはずですよね。

 

 

でも曇ってしまうのは正しいお手入れをしていないから!?

 

 

今回はそんな、ゴーグルが曇ってしまう仕組みと、
曇り止め効果をもたらすおすすめのアイテムを
紹介します。

水泳ゴーグルには正しいお手入れ方法があった! 正しいお手入れで曇りよ、さらば!

曇り止め加工されているゴーグルは、
必ず濡らしてから使うようにしましょう。

 

 

加工済みのゴーグルって基本、
レンズの内側に曇り止め加工がされているので、
水で内側を濡らしてからでないと、
その効果が発揮されない仕組みなんですよね。

 

 

レンズの内側を水で濡らすと、
曇り止め加工によって、
ヌルヌルとした状態になるので、曇ることがなく使えるんです。

 

 

ひょっとしたら、曇り止め加工のゴーグルなのに曇ってしまうのは、
レンズの内側を濡らしていないからかも知れません。

 

 

もしくは、レンズの内側を指やタオルでこすってしまったり、
汚れがたまっている場合でも、
曇り止め加工の効果が薄れてしまうんですよ。

 

 

ゴーグルのレンズ内側は決して指などで触らないようにして、
使用後は水道水で水洗いし、

レンズの内側に汚れが気になったら、
メガネ拭きなど、柔らかい布で優しく拭き取ってくださいね。

 

 

ただし、ゴーグルによっては、
水で濡らして指でこすってからでないと、
曇り止めの効果が発揮されないタイプのものもあるんですよね。

 

 

スワイプという水泳用ゴーグルがこのタイプなので、
曇り止め加工が施されているゴーグルには、
使う前にしっかりと使用方法をチェックしておきましょう。

⇒⇒⇒ゴーグルの曇り止め売り場ってどこなん?購入場所とない時の代替案!

 

それでもゴーグルが曇る…そんなときは曇り止め復活の魔法! 洗剤を使えば解決?!

 

ゴーグルがどうしても曇る場合は
曇り止め用のスプレーを使いましょう。

 

 

そうすれば曇り止め加工の効果が薄れてしまっていても、
また復活させられるので、
ゴーグルが曇らなくなりますよ。

 

 

曇り止め加工の効果が完全になくなってしまった時は、
レンズの内側を食器用洗剤で洗ってみてください。

 

 

洗剤を垂らし、柔らかい布や綿棒で優しく洗っていき、
よくすすいでからゴーグルを乾かしていきましょう。

 

 

すると、ゴーグルのレンズ内側に
付着した皮脂や汚れを落とせるので、
曇りにくくなってとっても安心なんですよ。

 

 

ただし、まだ曇り止め加工の効果が残っていると、
その加工まで洗い流してしまうので、
洗剤は使わないようにしましょう。

 

 

基本的にレンズ内側の汚れは、よほどひどくない限りは、
メガネ拭きなので拭きとっておくのがおすすめですよ。

 

 

ちなみに、ゴーグルは水洗いしてしっかり乾かしておかないと、
水垢になってしまったり、
カビが生えてしまうのでご注意を。

 

まとめ

曇り止め加工がされているゴーグルは、
レンズ内側を水で濡らさないと効果が
発揮されない場合があるんですね…。

 

 

ゴーグルは必ずレンズを水で濡らしてから使うといいですよ!

 

また、レンズ内側にはむやみに触らないこと。

 

汚れが目立つ時も、柔らかい布で優しく拭くといいですよ。

 

 

そして、曇り止め加工の効果が薄れてきたら、
曇り止めスプレーを使うと復活するのでおすすめですよ!

 

 

もしくは食器洗い用の洗剤でレンズ内側を洗うと、
汚れが一掃できるのでお試しを!

タイトルとURLをコピーしました