古い年賀はがきって使えるの?分かりにくい部分にお答えします

生活

古い未使用の年賀はがきって
使うことが出来るんでしょうか?

 

 

普通のはがきとして
使えるのか気になりますよね。

 

 

また、実は古い年賀はがきって
とある活用術があるんですよ!

 

 

今回はそんな、古い未使用の年賀はがきは
使えるのかどうかや、
知っておくと得をするおすすめ活用術
紹介します!

古い年賀はがきの未使用を使う場合!よく知られていない利用可能条件

古い年賀はがきは未使用なのであれば、
実は通常のはがきとして使用可能

 

 

そのため、たとえば懸賞に応募する際などに、
古い年賀はがきを使うことが出来るんですよ!

 

 

確かに他人様にだすのではなく、
懸賞に応募するのでしたら、
古い年賀はがきでも良さそうですよね。

 

 

ただし古い年賀はがきを
通常はがきとして使用するには、

いくつか条件があるので
まずはそれらを紹介します。

 

 

  • 未使用であること

 

古い年賀はがきは当然ながら未使用のものだけ、
通常はがきとして使うことができます。

 

 

  • 10円分の切手を貼っておく

 

金額に差があるのでしたら、
差額分の切手を貼ることを
忘れないようにしましょう。

 

 

はがきは2018年以前は52円だったけれど、
2019年からは62円の金額に
値上がりしていますよね。

 

 

そのため、古い年賀はがきが
52円の時のものでしたら、

10円分差額があるので、
10円の切手を貼らなければ、

通常はがきとして
使用できないので注意しましょう。

 

 

確かに切手を貼るのって
忘れてしまいそうですよね…。

 

 

でも52円の年賀はがきを出してしまうと、
料金不足で戻ってきてしまうので、
くれぐれも切手を貼り忘れないようにしましょう。

 

 

  • 年賀はがきの『年賀』の部分を二重線で消す

 

年賀はがきに朱色で書かれている
『年賀』の部分は、二重線で
必ず消す
ようにしましょう。

 

 

そうしないと配達員が
年賀状と勘違いしてしまうので、
届くのが翌年の元旦になってしまうからです。

 

 

必ず『年賀』の文字は
二重線で消すようにしてきましょう。

 

 

以上が古い年賀はがきを通常はがきとして、
懸賞などに使える条件なので、
覚えておくと良いですよ。

 

古い年賀はがきは通常のはがきや切手と交換可能!捨てずにすむ活用術

 

古い年賀状って実は、郵便局に行けば、
通常のはがきや切手と交換をしてくれるんですよ!

 

 

また郵便書簡や特定封筒などとも
交換してくれる場合もあります。

 

 

ただしこれにも条件があり、
まず交換手数料として、
1枚あたり5円がかかること。

 

 

要するに無料では
交換はしてもらえないんですよね。

 

 

また、はがきの料金が
書かれている料額印面が汚れているものや、

書き損じてしまっている年賀はがきは
交換できない場合があります。

 

 

つまりキレイな未使用の古い年賀はがきのみ、
交換をしてもらえるというわけですね。

 

 

でも余っていた古い年賀はがきは、
そのままにしておくのももったいないので、

手数料はかかってしまいますが、
ぜひ通常はがきや、
切手などと交換をしておくといいですよ!

 

 

筆者宅も探してみればひょっとしたら
古い年賀状があるかも知れないので、

もし見つけたら切手などと
交換してもらおうと思います!

 

まとめ

古い年賀はがきは未使用のものであれば、
通常はがきとして使えて、
懸賞などに応募するのに使えます。

 

 

ただし10円の切手を貼り、

『年賀』の部分を二重線で
消さなければいけないので、

くれぐれも忘れないようにしてくださいね。

 

 

また、古い年賀状がキレイな状態であれば、
郵便局の窓口で1枚5円で
切手や通常はがきと交換もしてもらえるので、

そのまま持っておくよりも、
かなり活用することができますよ!

 

 

ぜひ古い未使用のはがきがないか
探してみましょう!

タイトルとURLをコピーしました