冷凍野菜をシャキシャキで食べたいなら!気を付けるべきポイント

食べ物・飲み物

冷凍野菜って解凍して食べると
シャキシャキ感が失われてしまいますよね。

 

 

本来ならシャキシャキしているはずの野菜なのに、
クタクタになってしまったり、

ふにゃふにゃになってしまい、
ちっとも美味しく食べることができません。

 

 

一体どうすれば美味しく食べられるんでしょうか?

 

 

そこで今回は冷凍野菜をシャキシャキのままで
美味しく食べる方法をご紹介!

 

 

冷凍野菜を食べるときはぜひ
試していくといいですよ!

 

冷凍野菜の自然解凍はよくない!?食感が失われるんです

冷凍野菜のシャキシャキ感が
損なわれてしまうわけは、

ズバリ自然解凍をしているからなんです。

 

 

冷凍しておいたものって、冷蔵庫に移したり、
もしくは常温に置いておくなどして、
自然解凍をしていきますよね。

 

 

でもそうすると冷凍しておいた野菜から、
ドリップといって中から
水分が出てしまうんですよ。

 

 

するとそこから野菜を調理したとしても、
食感がクタクタになってしまっているし、

何よりドリップには野菜の旨味も
含まれているので、美味しさが
半減した野菜になってしまうんです。

 

 

ということで、
冷凍野菜を自然解凍するのは絶対にNG

 

 

また、電子レンジを使って解凍しても、

やっぱり中から水分が出てきてしまうので、
そもそも冷凍野菜は解凍しない方が
いいんですよね。

 

 

実は筆者も以前、野菜を冷凍していて
自然解凍してしまい、野菜が
ふにゃふにゃになってしまった経験があります…。

 

 

冷凍した野菜はくれぐれも解凍しては
いけませんよ。

⇒⇒⇒冷凍野菜は解凍するとべちゃべちゃになる!?性質を知ろう

 

冷凍野菜は凍ったまま使ってそのまま食べるのがベスト

 

冷凍した野菜を食べる時は、
解凍せずに凍ったまま、

炒めたり煮込んだり調理していくのがベスト!

 

 

するとドリップも出ないので、
食感もそこまで失われず、

シャキシャキ感が残ったままになるし、
旨味も流れ出てしまう心配がありませんよ。

 

 

凍ったままの冷凍野菜を調理するなんて、
いちいち解凍する手間が省けるから
とってもお手軽でいいですね!

 

 

ぜひ冷凍野菜を美味しく食べたい時は、
解凍せずに凍ったまま調理してみてください。

 

 

基本的にどの野菜でも、冷凍したら解凍せずに、
凍ったまま調理するのがベストな方法なんですよ。

 

 

ただし、白菜やネギ、キャベツ、ナスなどは、
冷凍した時点でシャキシャキ感が
失われてしまうので、

解凍せずに凍ったまま調理しても、
食感がちょっとクタッとしている場合も。

 

 

そのため、白菜やネギ、キャベツなどは、
冷凍しておいたものは汁物だったり、
煮物などに使っていくといいでしょう。

 

 

またナスは煮びたしにしたり
炒め物や麻婆ナスに使うのがおすすめ。

 

 

やっぱり1度野菜を冷凍しておいてしまうと、
生で食べるよりも加熱調理して
食べることになるんですよね。

 

 

生で食べたいものは基本的に
冷凍できないので、加熱調理する
予定の野菜だけ冷凍していくといいですよ。

 

まとめ

冷凍野菜のシャキシャキ感を残すには、
解凍せずに凍ったままで
加熱調理をしていくのがベスト。

 

 

解凍してしまうと中から水分が出て、
食感も悪くなるし美味しさも
半減してしまうので要注意!

 

 

凍ったまま調理すれば、
食感もそこまで損なわれないので、

美味しく食べることできますよ!

タイトルとURLをコピーしました