冷凍野菜はいつまで保存可能なの?適切な使い方と共に解説

食べ物・飲み物

冷凍野菜って一体いつまで保存が
可能なんでしょうか?

 

 

やっぱり保存期間は知っておきたいですよね。

 

 

それに、1度解凍してしまった野菜って、
再度冷凍しても良いものなんでしょうか?

 

 

今回はそんな冷凍野菜はいつまで持つのか
保存できる期間と、解凍した野菜の再冷凍は
可能なのかを紹介していきます。

 

冷凍野菜はいつまでもつ?野菜によっては格段に伸びる

冷凍野菜は基本的には
約1ヶ月間保存できますよ。

 

 

やっぱり冷凍しておくと
かなり長く保存することが出来るんですね!

 

 

冷蔵だと2~3日した日持ちしない野菜も、
ぜひ冷凍できるなら凍らせて
保存をしていきましょう。

 

 

ちなみに長ネギや枝豆、かぼちゃなどに
いたっては、なんと2ヶ月
冷凍保存しておくことが出来るんですよ!

 

 

2ヶ月も保存出来るなんてかなり助かりますね。

 

 

ただし、大葉やキャベツ、小松菜などは
冷凍でもやっぱり傷みやすいので、

賞味期限も多少短くなり、
冷凍しておいても保存期間は約3週間。

 

 

出来るだけ早めに食べると良いですね。

 

 

ちなみに、冷凍する野菜はフリーザーバッグに、
冷凍しておいた日にちを書いておくと良いですよ!

 

 

そうすればいつ冷凍したか、後どれだけ
日持ちするのかが分かるので何かと安心ですよ。

 

 

筆者もついつい野菜を使いきれずに、
傷ませてダメにしてしまうことが多いので、
なるべくこれからは冷凍できそうなものは
冷凍します!

 

 

ということで、野菜を少しでも
長く日持ちさせたい場合は、
冷凍しておいてしまうといいですよ。

 

冷凍野菜は解凍後使い切ること!再冷凍は避けて

 

冷凍野菜に限ったことではありませんが、
冷凍しておいたものを1度解凍したら、
再度冷凍することはできません。

 

 

そのため、冷凍野菜は必ず使い切れる分だけ
解凍するというか、
調理に使うようにするといいですよ!

 

 

やっぱり1度解凍してしまうと、
再度冷凍しても、鮮度や美味しさを
保つことが出来なくなってしまうんですよね。

 

 

つまり、1度解凍した野菜を再度冷凍して、
そしてまた食べる時に解凍すると、
とってもまずくなっているんです。

 

 

ちなみにこれは冷凍野菜だけでなく、冷凍食品や、
家庭で冷凍しておいた食品全般に
あてはまります。

 

解凍する時はくれぐれも
食べ切れる分だけにしておきましょう。

 

 

料理によっては再冷凍して
再解凍することによって、傷んでしまうことも
あるので、何気に再冷凍って危険なんですね。

 

 

再冷凍して再解凍した野菜が必ずしも傷む、
というわけではありませんが、
やっぱり品質が格段に落ちるのでご注意を。

 

 

やっぱり冷凍する時は使いやすいように
小分けにしておき、解凍する時は

必ず食べ切れる分だけ、というのが正解なので、
食品を冷凍するうえではぜひ覚えておくといいですよ。

 

まとめ

多くの冷凍野菜は約1ヶ月は保存できます。

 

 

 

長ネギや枝豆、かぼちゃなどは
2ヶ月くらい保存できますが、

反対にキャベツや小松菜、
大葉などは3週間しか保存できないのでご注意を。

 

 

そして、1度解凍した野菜は再度冷凍すると、
味も鮮度も格段に落ちてしまうので絶対にNG!

 

 

解凍する場合は必ず、
食べ切れる分だけにしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました