冷凍野菜は解凍するとべちゃべちゃになる!?性質を知ろう

食べ物・飲み物

冷凍野菜って解凍するとべちゃべちゃになる、
という話をよく耳にしませんか?

 

果たしてそれは本当なんでしょうか?

 

でも、冷凍野菜は活用できると、
料理の時にすごく便利そうですよね。

そこで今回は、冷凍するとべちゃべちゃと
食感が悪くなってしまう野菜
や、
冷凍してもOKな野菜を紹介していきます。

 

冷凍野菜でふにゃふにゃになる野菜とは?共通するのは生食向けの葉物野菜

冷凍野菜でべちゃべちゃだったり
ふにゃふにゃになってしまうのはズバリ、

レタス水菜セロリルッコラ
ベビーリーフなど、

サラダなどで食べることの多い葉物野菜

 

冷凍したあと解凍すると、ふにゃふにゃの
べちゃべちゃになってしまうんですよ!

また白菜やキャベツなども、
冷凍するとシャキッとした食感は失われ、
クタクタのふにゃふにゃになってしまいがち。

 

もちろん白菜やキャベツの場合は、
クタクタになってしまっても、

煮込み料理や鍋料理などに使えますが、
レタスや水菜などは完全に美味しさが
失われてしまうんですよね…。

 

でも確かに、冷凍してあるレタスや
ルッコラなどって見たことがないですよね。

 

そのため、レタスやセロリ、水菜などはなるべく、
冷凍保存しないようにしていきましょう。

 

ちなみに、冷凍した野菜のほとんどは、
解凍してから調理するよりも、
凍ったまま調理するのがおすすめですよ。

 

調理前に解凍してしまうと、
特にネギやピーマンなどは、中から
水分が出てべちゃべちゃなってしまいます。

 

筆者も以前ピーマンを冷凍した後、
うっかりレンジで解凍してしまい、
べちゃべちゃにしてしまったことがあります…。

 

美味しく食べるためにも、
冷凍野菜はぜひ凍ったまま使うようにしましょう。

⇒⇒⇒冷凍野菜はいつまで保存可能なの?適切な使い方と共に解説

 

冷凍できる野菜リスト!こっそり教えます

 

野菜ってどんなものが冷凍できて、
どんなものが凍らせられないのか
よく分かりませんよね。

 

ということで、冷凍できる野菜リストを
作ってみました!

 

 

  • ほうれん草

硬めに茹でてから小分けにしておくと便利。

 

 

  • ブロッコリー

ほうれん草と同じく、硬めに茹でて
小分けにしておきましょう。

 

 

  • ナス

 

解凍後は食感が失われてしまいがちなので、
煮びたしや麻婆ナスや炒め物に
するのがおすすめ。

 

 

  • にんじん

千切りにしておいたり、カレーや
煮物に使う場合は、カットして
硬めに茹でておくようにしましょう。

 

 

  • 小松菜

 

水洗いして小分けにしておいて
冷凍しましょう。

 

 

  • キャベツ

やざく切りなどカットして冷凍しておき、
汁物や炒め物などに使うのがおすすめです。

 

 

  • 玉ねぎ

千切りやみじん切りにして冷凍しておけば、
炒め物などに使えます。

 

 

  • 長ねぎ

みじん切りや小口切りなどに
カットしてから冷凍しましょう。

 

 

  • 白菜

 

一口大にカットして小分けにして冷凍。

 

 

  • アスパラ

茹でてから一口大にカットして
冷凍しておきます。

 

 

  • ジャガイモ

そのままだと食感が悪くなるので皮を剥き、
茹でたり蒸したり、

つぶしてマッシュポテトにした後、
小分けにしてから冷凍しましょう。

 

以上が冷凍できる主な野菜なので、
ぜひ覚えておくといいですよ。

 

ちなみにマッシュポテトにした
じゃがいも以外の野菜は、基本的に
どれも凍ったまま調理しましょう。

 

マッシュポテトに関しては
レンジで解凍すればOKですよ。

 

まとめ

レタスやセロリ、水菜などの野菜は、
冷凍してしまうと、解凍した時に

べちゃべちゃになって、
ぜんぜん美味しくなくなってしまうんです。

 

そのためこれらの野菜はなるべく
冷凍しないようにしましょう。

 

また、白菜やキャベツなども、
シャキッとした食感が失われてしまうので、
鍋料理や煮込み料理などに使うのがおすすめ。

 

やっぱりどうしても野菜って冷凍すると、
食感が悪くなるものが多いんですね。

特に解凍すると水分が出てしまうので、
野菜は凍らせたら調理する時は
凍ったまま加熱しましょう。

タイトルとURLをコピーしました