生クリームがゆるい原因とは?もう失敗したくないあなた!

お菓子・スイーツ

ケーキを作ろうと生クリームを泡立てたけれど、
生クリームがゆるくなってしまった時って
どうすればいい?

 

 

そもそも生クリームがゆるくなる原因はなんでしょうか?

 

 

今回はケーキを作る時に絶対知っておきたい!
生クリームがゆるい原因と、
それを食い止める方法を紹介していきます。

生クリームが溶ける原因は温度にあり!それでは泡立ちません

生クリームが溶けてしまうのは、温度が原因

 

 

もしかして生クリームを泡立てている時、
室温が高かったりしませんか?

 

 

もしくは氷水を当てるなどして冷やしながら
泡立てるのを怠っていませんか?

 

 

生クリームは室温が高いと、
溶けて泡立ちにくくなってしまうんですね。

 

 

特に暑いキッチンで
生クリームを泡立てようとしても、
絶対うまくいきませんよ。

 

 

生クリームの温度も高いのに、
ずっとそのまま泡立て続けても、
生クリームが分離してしまうので注意が必要。

 

 

ちなみに生クリームの温度が高い他に、
生クリームに水など他の水分が入ってしまうと、
やっぱり泡立たずに溶けていってしまいます。

 

 

生クリームって意外とデリケートな食材なんですね。

 

 

ちなみに筆者も子供の頃、
お菓子作りで生クリームを泡立てたことありますが、
やっぱりしっかり泡立てるまでなかなか大変でした…。

 

 

でも、素早くかき混ぜて泡立てるのも、

しっかりホイップするコツなので、
あまり時間をかけずに生クリームを泡立てていきましょう。

⇒⇒⇒生クリームに砂糖を入れるタイミングは?プロが教える秘密のコツ

 

生クリームがゆるい状態を解決するには調理器具を冷やすこと!

 

生クリームがゆるくなってしまうのを避けるには、

ボウルやホイッパーなどの泡だて器を冷蔵庫に入れて
あらかじめ冷やしておくのがおすすめですよ。

 

 

ただし冷蔵庫に入れておく際も、

ボウルの内側やホイッパーなどに、
水滴がついてしまわないに注意しましょう。

 

 

少しでも水滴がついていると、
生クリームにも混入してしまい
泡立たなくなってしまいますよ。

 

 

生クリームを入れたボウルよりも
一回り大きいサイズのボウルに、

氷と水を入れて、
それに当てながら生クリームを泡立てていきましょう。

 

 

室温が高い場合は、調理器具を冷やすか、

氷水に当てるなどをして泡立てることで、
しっかりと生クリームをホイップできますよ。

 

 

筆者も生クリームを泡立てる時は、
必ず氷水にボウルを浸して泡立てるようにしています。

 

 

ちなみに氷水にボウルを浸す場合も、
生クリームの中に水が入らないように
くれぐれも注意しましょう。

 

 

また、泡立てた後の生クリームがゆるくならないように、
生クリームをすぐ使わない時は、
必ず冷蔵庫に入れておくといいですよ。

 

 

生クリームは低い温度で保つことで
硬さをキープできます。

 

まとめ

生クリームがゆるい原因は…

 

ズバリ温度!

 

 

室温が高い部屋で泡立てたり、調理器具が温かいと、
どうしても生クリームは溶けてしまいます。

 

 

そこで氷水を張ったボウルを使ったり、

調理器具を冷やしておくと、
ゆるくなるのを回避できますよ。

 

 

ただし生クリームの中に水や氷を
入れないように注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました