生クリームが溶けるのには理由があった!詳細に解説

お菓子・スイーツ

ケーキのデコレーションなどで使う生クリームが
溶けてゆるくなるのって、

一体なぜなんでしょうか?

 

しっかり泡立てたはずなのに生クリームが溶けてしまうと、
ケーキ作りに使えないので困りますよね。

 

そこで今回は生クリームが溶けてしまう理由と、
生クリームが溶けないベストな方法
紹介していきます。

生クリームが溶けるのには時間と温度が関係している?

ズバリ…生クリームが溶けてしまう理由は、

 

泡立て時間温度が関わってくるんですよ。

 

まず泡立てる時間ですが、
生クリームは手動だと、

だいたい3~5分くらいで硬くなってきて
ホイップクリームに変わります。

 

泡立て方が上手で速い人は、

1分くらいで十分なホイップクリームになりますが、
だいたいは3分以上はかかるでしょう。

 

つまりこの3~5分しっかり泡立てていかないと、

生クリームがゆるくなってしまい、
つまり泡立ちが足りない状態になるんですよね…。

 

ただし、あまりホイップし過ぎると、
今度は生クリームが分離してしまうので、

ケーキに塗りやすい固さのクリームになったら、
泡立てるのはやめるましょう。

そして、生クリームを泡立てるので特に重要なのが温度

 

生クリームは必ず、泡立てるボウルの下にもう一つ、

氷水を張ったボウルを用意し、
生クリームを冷やしながら、
泡立てていくようにしてくださいね。

 

氷水で冷やして生クリームを低い温度にしないと、
生クリームは溶けてだれてきてしまうのでご注意を!

⇒⇒⇒生クリームがゆるい原因とは?もう失敗したくないあなた!

 

生クリームが溶けない方法はないの?3つのポイント

 

生クリームが溶けない方法は、
以下の3つのポイントを守ると良いですよ。

 

 

  • 氷水で冷やしつつ泡立てる

やっぱり重要となるのが先ほども説明したように、
生クリームを冷やしつつ泡立てていくこと。

氷水にボウルを当てて冷やしていけば、
生クリームはしっかり固まりやすくなりますよ。

 

 

  • 水滴などが入らないようにする

生クリームに水滴やもしくは他の油分が
少しでも混入してしまうと、

いくらホイップしても泡立ちにくくなり、
生クリームも溶けてしまいます。

 

そのため、くれぐれも生クリームには、
水滴や他の油分などが入らないように注意しましょう!

氷水に当てて冷やす時は、
特に水滴が入らないように注意してくださいね。

 

 

  • レモン汁を加える

生クリームが溶けずに、早く泡立つようにするには
レモン汁を加えるのがポイント。

 

レモン汁をだいたい大さじ1杯くらい入れてから、
生クリームを泡立てるととっても素早くホイップできますよ。

もちろんレモン汁大さじ1杯くらいなら、
風味も変わらないのでとっても安心。

しっかり泡立ってケーキにも使いやすくなるので、
ぜひ生クリームを泡立てる際は
レモン汁を入れてみましょう!

 

まとめ

生クリームが溶けてしまう理由は
泡立て時間が足りないか、

もしくは生クリームを冷やしながら
泡立ててなかったことです。

 

特に生クリームは氷水をボウルに当てるなどして、
しっかり冷やしておかないと、

生クリームが溶けてしまうので、
くれぐれも注意しておきましょう。

 

また、生クリームに水滴や油分が入らないようにしたり、
レモン汁を少し加えてみるとより泡立ちやすくなりますよ。

タイトルとURLをコピーしました