女性の厄年は30代に2回ある!どう過ごしたらいいん?

生活

女性の厄年って33歳と37歳の2回も
あるんですよね…。

この2回もある厄年って、
一体どう過ごせばいいんでしょうか?

 

やっぱり厄年の時にやってはいけないことって
あるのか気になりますよね。

そこで今回は30代の女性に2回訪れる
厄年のベストな過ごし方を紹介します。

 

女性は「厄年なんて気にしない!」とばかりにやってしまうNG集

最近は厄年なんて気にしない、という人も
増えてきていますが、やっぱり
厄年はある程度は気にしておいた方が良いですね。

 

厄年って必ずしも悪いことが起きやすいんです!

 

というスピリチュアルな理由からではなく、
ちょうど人生の節目を迎える時期なんですよね。

 

つまり人生のターニングポイントであり、
年齢的にも健康面にも変化が出て、
体調を崩しやすくなる時期。

 

確かに女性の厄年の33歳や37歳だと、
結婚だったり出産だった子育てだったり、

もしくは職場で上の立場に就いたりして、
生活環境がガラリを変わることも多いですよね。

 

つまり厄年は人生で色々なことが
変化する時期なので、慎重に行動しなければ
体調を崩したりして病気になることも。

 

そのため、厄年で一番してはいけないことは、
無理をしたり頑張り過ぎて
しまうことなんですよ。

 

結婚生活でも育児でも仕事でも、
厄年なんて気にせずバリバリこなしていると、

体が環境の変化についていけず、
疲れも溜まって、あっという間に
体調を崩してしまいます。

 

そのため、厄年を迎えたら、
仕事もプライベートも無理をしないことと、
何事も慎重に行動するように心掛けましょう。

 

厄年っててっきり、結婚や転職や引越しなどを
するのがNGと思ってましたが、

それよりも最もしてはいけないことは
無理をしてしまうことなんですね!

 

かなり意外に思いました。

 

結婚や引越しや転職など、慎重になった上での
選択なのでしたら、
厄年を気にしなくても大丈夫です。

 

ただし、環境が変わる選択をすると、
どうしても無理をしてしまいがちなので、
厄年の時はそれをしないようにだけ
注意すれば問題ありませんよ!

⇒⇒⇒女性の厄年は30代に2回ある!?そんなあなたに明るい話題を

 

女性が厄年に身につけるといいものは長いもの

 

厄年になると長いものを身に着けるといい、
という話を聞いたことはありませんか?

 

実は、長いものは長寿を表す、
と昔から言われているため、

厄年には厄払いとして、長いものを
身に着けるといいとされているんですよ。

 

昔は平均寿命も短かったので、
長いものを身に着けることで、より長く
健康に生きようと願いを込めていたんですね。

 

そのため、もしやっぱり厄年が気になるなら、
ネックレスブレスレットマフラーなど、
長いものを身に着けると良いですよ!

 

ベルトなども長いのでおすすめです。

 

もし友人の女性が厄年なのでしたら、
これらの長いものを贈るととってもいいですよ。

 

また、厄年にはウロコ模様のものを
身に着けるのもいいとされています。

 

ウロコって蛇柄のイメージが強いですが、
蛇は龍を連想させ、
龍は神様の化身でもあるため、
とっても縁起がいいといわれているんですよ。

 

そのため、蛇柄の長財布などを持つと
いいかもしれませんね。

 

厄年を迎えるのにやっぱり不安なのでしたら、
ぜひ長いものや蛇柄のものを
身に着けていきましょう。

 

まとめ

女性が厄年にしてはいけないことは
結婚や引越しや転職などよりも、
無理をしたり慎重に行動をしないこと。

 

厄年は年齢的にも健康面に変化しやすいし、
人生のターニングポイントでもあるんですよね。

 

そのため、無理をするとあっという間に
健康を損なうことがあるので、
十分に注意して行動しましょう。

 

また、厄年に良くないことが起きやしないか
心配な場合は、ネックレスなど
長いものを身に着けたり、蛇柄など
ウロコ模様のものを身に着けると良いですよ!

タイトルとURLをコピーしました