エアコンの冷房と除湿の違いとは?機能に注目!

家電・通信

冷房だけじゃなく、暖房や除湿や空気清浄機能など、
エアコンはどんどん高機能に進化しています。

 

省エネ機能も良くなっているので、
一年を通してエアコンだけで過ごす家庭も増えてきました。

 

ですが、せっかくエアコンに便利な機能があるのに、

使いこなせていないと勿体ないですよね。

 

冷房と暖房だけしか使っていない!

 

冷房の代わりに除湿を使っている!

 

それぞれの機能の特徴がよくわからないまま使ってる人も
少なくないようです。

 

冷房と除湿は、どんな機能の違いがあるのか、
よく分からないまま使っていると
損をしているかも知れません。

違いをチェックしてみましょう。

エアコンの冷房と除湿の違い

エアコンには除湿の機能が付いています。

除湿にすると部屋のジメジメした空気が
サラッとするだけじゃなく、温度も下がります。

 

ですから、除湿を冷房と同じように使っている人が
意外と多いようです。

しかし除湿は温度を下げるためじゃなく、
湿度を下げる機能です。

 

冷房とは違う目的で使うために搭載されている機能なんですよね。

 

冷房は部屋の中の温かい空気を吸い込み、

室外に追い出して涼しい空気と入れ替えます。

 

除湿は水分を多く含んだジメジメした空気を吸い込み、
温度を下げることによって結露を起こさせます。

それで水分を取り除いて乾いた空気を部屋に送り込みます。

 

電気代を安く抑えて使いこなすには?

 

冷房と除湿では、何となく除湿の方が
電気代は安いようなイメージを持っている人が少なくないです^^;

 

じつはそうではありません。

 

冷房は設定した温度を保つ機能がありますね。

では除湿の場合はどうでしょう。

 

温度ではなく湿度を下げるために動き続けるので、
消費される電力が高くなることがあるのです。

 

エアコンの除湿には、2つの機能が
あることをご存知でしょうか。

 

ただ湿度を下げるだけのように思われがちですが、
じつは弱冷房除湿と再熱除湿の2つのタイプがあります。

 

弱冷房除湿は冷房と比べて電気代が高くなることはないのですが、
再熱除湿は冷たくした空気を温めるので、

それだけ電力を使います。

 

温度が下がり過ぎて寒く感じないために
便利なのですが、電気代は高くなってしまいます。

 

再熱除湿機能は気温がそれほど高くない季節に
湿度だけを下げたい時に使うと、
温度を下げ過ぎず快適に過ごせます。

 

ですが、除湿のために一度冷やした空気を快適な温度に
加熱して戻すため、消費電力が高くなるわけですね。

エアコンの電気代は温度でかなり変わる!?検証結果を大公開

 

冷房と除湿の賢い使い分け方

 

冷房と除湿のどちらも、空気を冷やす工程は同じです。

どちらを使うのか迷ってしまいそうですが、

 

涼しくしたいのか、サラッとさせたいのか、

どちらを重視するのか個人差があります。

 

基本的には、冷房を使えば涼しくなります。
湿度も下がるので、夏は冷房を使えば
快適な温度と湿度に保つことができます。

 

省エネを重視してエアコンを使いたいのなら、
再熱除湿を使う時間を少なくして、

冷房や弱冷房機能でお部屋の空気を
コントロールした方が良いわけです。

 

それほど気温が高くない梅雨時期や、
夜間には、肌寒く感じてしまうほど
部屋の温度が下がってしまうと困ります。

 

そのような時は、再熱除湿を使うようにすれば良いと思います。

 

消費電力だけで比較すると、弱冷房が一番低く、
続いて冷房、そして再熱除湿となります。

それぞれの特徴から最適な使い方をしましょう。

 

まとめ

エアコンの機能が色々増えて便利になる反面、
それぞれの特徴がわからないまま

何となく使っていることもあると思います。

 

冷房と除湿を上手く使い分けるだけで、

電気代の節約になるかも知れません。

 

自宅のエアコンの機能をもう一度チェックしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました