電気圧力鍋の電気代ってどのくらいお得?気になる点を徹底調査

家電・通信
この記事は約4分で読めます。

電気圧力鍋って便利だけど、電気代って
どのくらいお得なのか知りたいですよね。

そこで今回は、
電気圧力鍋の電気代がどれほどお得なのか?
調べてみましたので、
ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

電気圧力鍋の電気代っていくら?売れ筋1位の商品で確認

電気圧力鍋とは、電気を使って調理する鍋。

 

火を使わないので、焦がす心配がないので、
安心安全に使える道具なんです。

また、圧力をかけることで調理時間が
短縮されるので、時間がかかる料理も
時短調理できると重宝されています。

 

そんな電気圧力鍋ですが、種類も多く、
売れ筋商品も電気屋さんや
通販サイトによっていろいろ。

 

今回は様々な電気屋さんの中から、
私が気になった売れ筋1位の商品で、
電気圧力鍋の電気代を見てみましょう!

 

 

  • ヘルシオ ホットクック(シャープ)

シャープ 水なし自動調理鍋 HEALSiO ヘルシオ ホットクック 1.6L KN-HT99A-R(レッド)

楽天で購入

 

操作が簡単で、レシピを選んで食材と
調味料を入れ、スタートを押すだけ!

美味しくできて、扱いやすいと評判です。
なにより見た目が可愛い。

 

無水調理のみ

チキンと野菜のカレー(無水カレー)4人分→電気代約6.8円
肉じゃが4人分→電気代約5.5円

 

予約調理

チキンと野菜のカレー(無水カレー)
4人分/12時間予約→電気代約16.7円
(予約なしの場合と比べ約10円高くなっています)

 

保温

チキンと野菜のカレー(無水カレー)
4人分/12時間保温→電気代約7.6円

※1kwhあたり27円で試算

 

予約調理だと予約なしに比べて約10円高くなる!

 

予約を設定した時点から電気がかかります。

 

電気圧力鍋の電気代と普通の圧力鍋のガス代を比較!

電気圧力鍋の大体の電気代が分かったトコロで、
ガスを使う圧力鍋の場合と
比較してどちらが経済的か見てみましょう!

 

  • ガスコンロのガス代(1時間あたり)
    弱火→約5円
    中火→約20円
    強火→約35円

  • チキンカレーを作った場合
    電気圧力鍋ホットクック 電気代約6.8円
    圧力鍋(加圧時間弱火10分) ガス代約0.8円

 

チキンカレーを圧力鍋で調理する場合は、
加圧時間は弱火で約10分程度。

 

つまり、弱火で10分の場合は
約0.8円のガス代で調理できる。

 

電気圧力鍋の場合は、チキンカレーを作るのに
約6.8円の電気代がかかるので、
比較してみると普通の圧力鍋を使う方が経済的。

 

ただ、圧力鍋の場合、加圧するまでに
強火で加熱するので、その際にガス代は必要。

 

加圧調理後に火を消して余熱で温め、
その後に再度加熱してカレールーを

煮込むなどするとその分ガス代は
わずかですが、手間もかかります。

 

電気圧力鍋であれば、材料を入れて
スイッチ一つで調理してくれるので、
火加減の調整や手間を省けて、なおかつ安心安全。

 

圧力鍋を購入する際には、
自分が一番何を求めているかを考えて、
選ぶと良いですね。

 

電気圧力鍋と圧力鍋の違い

先ほどは光熱費の違いを見てみました。
電気圧力鍋と圧力鍋の違いを
比較してみましょう。

 

【電気圧力鍋】 【圧力鍋】
高め値段お手頃
弱い加圧力強い
場所をとる収納場所あまりとらない
難しい調理の際の微調整可能
便利洗浄重くて大変
お任せ簡単調理目が離せない
静か音がして気になる

 

このように、メリットデメリットがあります。

 

私は圧力鍋というとピロロロローッと
音がするイメージがあり、

調理も難しそうで、
どちらかというと電気圧力鍋に引かれます。

 

電気圧力鍋の電気代は
お鍋で調理するより断然お得

 

電気圧力鍋と圧力鍋を比較すると、
光熱費は圧力鍋の方が抑えられます。

ですが、普通のお鍋で時間をかけて
ガスで調理することを考えると、
断然電気圧力鍋の方が経済的です!!

 

鍋で作るとついつい長く煮込んだ方が
美味しそうな気がして、

不必要に火にかけ続けてしまっている
気もします…。

 

そう考えると、必要な材料を入れるだけで、
一番最適な条件で勝手に調理してくれる

電気圧力鍋は経済的で、
とても魅力的なアイテムですね♪

 

この機会に電気屋さんに足を運んでみては
いかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました