抱っこ紐を外して起こさずおろすのが難しい時は少し様子を見る!?

妊娠・子育て
この記事は約3分で読めます。

赤ちゃんの寝かしつけの時、
抱っこひもを使うことってよくありますよね!

 

抱っこひもをすると、赤ちゃんも安心して
すぐに寝てしまうなんてことも少なくありません。

 

少しでも寝かしつけの時間を短く、
スムーズに行えるアイテムですよね。

 

とても便利な抱っこ紐ですが、
赤ちゃんが寝たから布団へおろそう・・・とした途端
起きて泣き出す!なんてことよくあります。

 

せっかく寝かしつけたのに…起きてしまったら
また一から寝かしつけをしないといけないので、
しんどくなっちゃいますよね。

 

実は、おろそうとして泣いてしまう時って、
まだ眠りが浅い状態なんです。

 

人は浅い眠りと深い眠りを繰り返していますが、

大人は浅い眠りが15~20%ほどであるのに対して
赤ちゃんは50%ほども浅い眠りの時間があるんです。

 

眠り始めてすぐはまだ浅い眠りなので、
寝付いてもしばらくの間は抱っこ紐をしたまま

待ってからおろすようにしましょう。

 

また、抱っこ紐の種類によって
寝かしつけをしておろしやすい
抱っこ紐というものもあるんです!

抱っこ紐したまま一緒に寝るのはOK?医者に聞いた

 

どうしても抱っこ紐を外すと
起きてしまう時ってそのまま一緒に
寝てしまっても大丈夫なんでしょうか・・・

 

赤ちゃんの呼吸が苦しくないよう、
ゆとりを持たせた状態で短時間なら
大丈夫なんだそうですよ。

 

もちろん、押しつぶすような体勢はNGですが、
お昼寝程度の短時間だったら

抱っこ紐をつけたまま
一緒に寝ても大丈夫そうです。

 

赤ちゃんはママと密着をしていたり、
少し皮膚に対して圧がかかるような状態の方が
ぐっすりと眠ることができるのでいいそう。

⇒⇒⇒寝かしつけに良い抱っこ紐のおすすめ!ベビージョルンが人気のワケ

 

ベビージョルンの抱っこ紐なら寝かしつけたままおろしやすい!お試しあれ

抱っこ紐をつけて寝かしつけをすると、
抱っこ紐をスムーズに外せたら

赤ちゃんも起きないのに・・・
なんて思うことありませんか?

 

背中にバックルがあるタイプだと、
バックルを外すだけでも手間取って
しまいますもんね。

 

おすすめの抱っこ紐は、
ベビージョルンの抱っこ紐です!

 

抱っこ紐を外すときって
バックルを外して肩からおろして・・・と
結構大変ですよね。

 

このベビージョルンの抱っこ紐は、

赤ちゃんの背中当て部分を
バックルで外すことができるので
サッと赤ちゃんをおろせるんです。

 

簡単でスムーズにおろすことができるので、
赤ちゃんを起こすことなく
抱っこ紐からおろせますね!

 

まとめ

赤ちゃんを抱っこ紐からおろす時、
タイミングもとても大事です。

 

やっと寝た!とすぐにおろすと
起きてしまうかもしれないので、

少し待ってからおろすということを
意識するようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました