抱っこ紐での寝かしつけ方とおろし方!新米ママ必見

妊娠・子育て

赤ちゃんの寝かしつけ、
本当つらいですよね・・・

 

育児の中で一番大変!と
思っている人も少なくない。

 

添い寝をしたり授乳をして寝かしつけたり、
抱っこやトントン・・・

いろいろな寝かしつけ方法がありますが
抱っこ紐を使って寝かしつけをしている方も
いますよね。

 

抱っこ紐を使うと、身体への負担が軽減されるので
重宝しているという人も多いのではないでしょうか。

 

ただ、抱っこ紐を使って寝かしつけの時に
大変なこと・・・それは

寝ついた赤ちゃんを布団へおろす時!

 

抱っこ紐で寝かしつけした赤ちゃんを
起こさないでおろすコツ

抱っこ紐で赤ちゃんが寝るときに
気を付けることを紹介いたします!

抱っこ紐で赤ちゃんが寝る時首に注意!気を付けたい2つ

 

抱っこ紐で赤ちゃんが寝るときに
気を付けたいことがあります。

 

それはです!

 

赤ちゃんが抱っこ紐で寝ると、
首がカクっとなってしまうことがあります。

 

あれ、ヒヤっとしてしまいますよね。

 

赤ちゃんはむち打ちになりやすいともいわれており、
首がかくかくなってしまわないように

 

しっかりと支えたり専用のヘッドサポートをつける
のがおすすめ!!

 

そして、もう1つ気を付けたいのが
ヘッドサポートをつけていると、

後ろにカクっとしてしまうのは防げますが、
適応していなかったり、
着用方法を間違っていると意味がありません。

 

ヘッドサポートがついているから大丈夫!と
安心してしまうのではなく、

正しい使い方ができているか
確認するようにしてくださいね。

⇒⇒⇒抱っこ紐を外して起こさずおろすのが難しい時は少し様子を見る!?

 

抱っこ紐から起こさずにおろすには?上手なやり方の秘訣

抱っこ紐から赤ちゃんを布団におろすときには
できるだけぎりぎりまで
くっついて起こさずにおろすことです!

 

どういうことかというと、
赤ちゃんを布団におろすときに

身体から離してしまうと
起きてしまうことが多いんですね。

 

 

抱っこ紐のバックルを外し、
胸にくっついた状態のまま
赤ちゃんの頭とお尻を支えます。

 

そのまま布団へおろすんですが、
この時に赤ちゃんを胸から離さないように

前かがみになるような体勢で布団へおろします。

 

 

布団へおろしてもしばらくその体勢でいて、
そっと支えていた手を抜きます。

 

身体を話していくときに、
手を赤ちゃんのお腹に当てます。

 

しばらくその様子を見てから、静かに離れます。

 

少しおろすのに時間がかかりますが、
泣いて起きてまた1から
寝かしつけをすることに比べたら短時間ですよ。

 

まとめ

とても便利な抱っこ紐ですが、
布団におろすときに泣いてしまうと

ドット疲れが出てしまいますよね。

 

おろし方のコツさえ知っていれば、
きっと上手く寝かしつけができますよ!

 

ぜひ試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました