クレジットカードが旧姓のまま…更新を迎えるのに変更しないヤバさ

お金

結婚後もクレジットカードの名義が
旧姓のまま…なのはやっぱりマズいんでしょうか?

 

 

名義変更が面倒で、
ついつい旧姓のままクレジットカードを

使っている女性も実は少なくありません。

 

 

でも旧姓のままだと実はデメリットだらけなんですよ。

 

 

今回はクレジットカードの名義が旧姓のままだと、
どんなことが起きてしまうかを紹介します。

 

クレジットカードの名義が旧姓だと、海外でサインを求められた時使えない危険性あり?!

クレジットカードの名義が旧姓のままだと、
まず海外でカード支払いが

できないという危険性があるんですよ。

 

 

海外ではクレジットカードそのものが
身分証代わりになるので、

カードの名義が旧姓のままで
パスポートが新姓だと、名義が違ってくる為、
不正利用が疑われたり支払いが出来ない可能性も!

 

 

しかも、万が一海外でクレジットカードを紛失したり、
盗難に遭ってしまった場合も、

登録情報が異なってしまうと、
きちんと補償がされないケースもあるんですよね…。

 

 

 

やっぱりクレジットカードって
直接お金に関わる重要なものなので、

面倒がらずにきちんと名義変更はしておくべき!!

 

 

特に海外に限らず、
クレジットカードで支払いをする時って、
サインが必要になってきますよね。

 

 

でも、クレジットカードは旧姓なのにサインが新姓だと、
やっぱり不正利用を疑われたり、

使用できなくなってしまうわけです。

 

 

また、クレジットカードの名義変更をしていないことは、
住所変更もしていない場合が多いですよね。

 

 

すると結婚後、引越しして住所が変わっている場合、
クレジットカード更新の際、

新しいカードが現住所に
届かないことが当然起きてしまいます。

 

 

すると旧住所に現在住んでいる人が
成りすましてカードを受け取り、

カードを不正利用してしまうなんて危険性もあるんですよ!

 

 

とにかく、カードを旧姓のままにしておくのは、
やっぱり何かとリスクデメリットもあるので
やめておくのが無難。

 

 

面倒だけれどしっかりとクレジットカードは
名義変更しておきましょう。

⇒⇒⇒クレジットカードの旧姓名義を変更…引き落とし口座の変更も必須!

 

クレジットカードを複数保有…旧姓と新姓2枚持っていると、最悪利用停止の危険も!!

 

クレジットカードを旧姓と新姓の名義で2枚持っていると、
実は利用停止になってしまうこともあるんですよ!

 

 

というのも、新姓の名義でクレジットカードがあると、
信用情報などで名字が変わっていることを
旧姓名義のカード会社も把握している可能性が高いです。

 

 

そのため、旧姓名義のクレジットカード更新の際に、
名義変更などの手続きをするよう連絡が来る場合も。

 

 

それを無視して旧姓のままカードを使い続けてしまうと、
不正利用を疑われたりして、
旧姓名義のカードが利用停止になったり、

利用限度額が下げられたりする可能性もあるんですよ!

 

 

新姓でカードを作っておくと、
その時点で信用情報に新姓が載ってしまうので、

旧姓名義のカード会社にも名字が変わったことを
隠すことができなくなるので、

くれぐれも忘れないようにしましょう。

 

 

それに、銀行口座の名義が新姓で
クレジットカードの名義が旧姓だと、

登録情報が違うので、
やっぱり引き落としがされなくなってしまうこともあります。

 

 

やっぱり旧姓のままでクレジットカードを使うって、
色々なリスクが伴ってしまうんですね…。

 

 

そのため、クレジットカードは複数持つ場合も、
1枚だけの場合も名字が変わったら名義変更をしておきましょう。

 

まとめ

クレジットカードを旧姓のまま使うと、
海外に行った時、支払いが出来なくなる場合もあります。

 

 

特に海外ではクレジットカードって
身分証明書としての役割もあるので、

名義が違うと後々面倒なことになってしまいますよ。

 

 

そして、新姓と旧姓のカードを2つ持っているのも、
やっぱり不正利用が疑われたりしてしまうため、

利用停止になってしまう可能性があります。

 

 

クレジットカードは旧姓のままにせず、
しっかりと名義変更をしておくようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました