クレジットカードの旧姓名義を変更…引き落とし口座の変更も必須!

お金

クレジットカードの旧姓名義を変更したら、
それだけで安心してはいけません!

 

 

引き落とし銀行口座が旧姓のままだとNGなんです。

 

 

ついうっかり忘れてしまいがちですが、
カードの名義を旧姓から変更したら、

引き落とし口座も新姓への名義変更をしておきましょう。

 

 

今回は、なぜクレジットカードの名義変更をしたら、
引き落とし口座も旧姓のままではダメなのか?
その理由や必要な手続きを紹介していきます。

クレジットカードは旧姓から変更したけど…カード名義と口座名義は一致が原則!

結婚などで名字が変わり、
クレジットカードの名義を旧姓から新姓に変更したら、

引き落としの口座名義も
同じように新姓に変更しておきましょう。

 

 

クレジットカードが新姓なのに、
引き落とし口座がまだ旧姓のままだと、
カード名義と一致していないので、

引き落としがされないことがあるんですよ!

 

 

引き落としがされないと、
延滞や滞納になってしまう可能性も!

 

 

でも確かに、クレジットカードと
同じ名義ではない口座からは、

登録情報が異なってしまうため、
引き落としができないですよね…。

 

 

うっかり口座の名義変更を忘れてしまい、
カードの支払いを延滞してしまっては大変です!

 

 

結婚などで名字が変わったら、
クレジットカードだけでなく、
引き落としに使っている口座も、
きちんと名義変更をして新姓を登録しておくようにしましょう。

更新を迎えるクレジットカードが旧姓のまま…変更しないヤバさ

 

クレジットカードの引き落とし口座の名義を旧姓から変更する流れは?

 

クレジットカードの引き落とし口座の名義を
変更する場合は、
まず必要なものを揃えておきましょう。

 

 

基本的に必要となるのは

口座のキャッシュカードと通帳
現在銀行印として登録している旧姓の印鑑

そして新しく銀行印として登録する新姓の印鑑
旧姓と新姓が確認できる身分証明書などです。

 

 

これらを持って利用している銀行など
金融機関の窓口へ行き、

旧姓から新姓への変更手続きをしていきます。

 

 

窓口で必要書類を記入し、
銀行印なども新姓で新たに登録し、

キャッシュカードや通帳を提出すれば
変更手続きは完了。

 

 

ただし、名義変更が完了するまでは、
5日~1週間ほどかかるので覚えておきましょう。

 

 

ちなみに、名義変更をした場合、
通帳はその場で返してもらえますが、

キャッシュカードは新しい名義のものが
後日、自宅に郵送されます。

 

 

つまりキャッシュカードが届くまで、
ATMからお金の引き出しが出来なくなるので、

名義変更の前に
ある程度お金を引き下ろしておいた方がいいでしょう。

 

 

口座の名義変更が完了すれば、
クレジットカードが新姓であっても、

登録情報が一致しているので、
これまで通り引き落としが出来ますよ!

 

 

やっぱり名字の変更があったら、
名義変更をしっかり変更しておくべきなんですね。

 

 

クレジットカードだけでなく、
引き落とし口座の名義変更も、

くれぐれも忘れないようにしておきましょう。

 

まとめ

クレジットカードを旧姓から新姓に
名義変更したら、

引き落としの口座も忘れずに
新姓に変更しておきましょう。

 

 

引き落とし口座の名義と
クレジットカードの名義が一致していないと、

引き落としがされなくなり
遅延になってしまう場合もあるのでご注意を。

 

 

そのため引き落とし口座もしっかりと
名義変更をしておきましょう。

 

口座の名義を変更するには、

新旧の銀行印用印鑑とキャッシュカード、
通帳、新旧の姓が確認できる身分証明書が必要なので、

全部揃えて金融機関の窓口まで持っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました