コサージュの正しい付け方ご存知ない?

季節の行事

もうすぐ卒業式、入学式ですね。

 

おめでたい事なので、
いつも着るスーツを華やかにしたい…^^;

 

そんな時に、便利なアイテム「コサージュ」があるんです!

 

でも、コサージュのつける場所や、
色は何色がいいのか?などについて、
詳しくみていきましょう。

コサージュの正しい付け方は?

コサージュのつける位置は、

左胸の鎖骨の下くぼんでいるトコロが
最もキレイにみえる
そう。

 

鎖骨下あたりにつけることで、
見る人の視線が集まって
スッキリとした印象になるんです。

 

茎があるタイプなら、茎の部分を上にしてつけます。
全体的にバランスよく見えます。

 

茎を上にして付ける理由は、
花がしぼんでしまって美しくないからなんです。

 

コサージュを付けてるか付けてないかで、
全然見映えが違ってくるので、

正しい位置で正しく付けたいですよね。

 

 

また、行く間際が慌ただしいので前もって、
着ていく服につけておくとイイですね。

慌てずに済みますよ!

 

 

コサージューの色は何色がいい?

コサージュの色は、原色より淡い色がベスト!

 

特に決まっていませんが、
薄ピンクやサーモンピンク
ベージュ、オフホワイトなど明るい色が人気ですね。

 

 

卒業式の服装

  • 服装は→紺色、黒、グレーなどがイイ。
  • コサージュ→薄いピンク、サーモンピンク、
    オフホワイト、薄い水色など。

 

 

入学式の服装

  • 服装→薄いピンク、白、
    オフホワイトなど明るい色がイイ。

  • コサージュ→サーモンピンク、
    レモンイエロー、桜色など。

 

コサージュを選ぶときは、
服と同色系のコサージュを選ぶと失敗しないかも…。

 

また、素材はシルクフラワーや
オーガンジーなどがいいですね!

シルクフラワーは丈夫で比較的長持ちしますよ。

 

コサージュの収納方法

コサージュの専用のケースって、
大きくて邪魔ですよね^^;

 

そんな時は、布を壁に貼りつけて、
コサージュを付けると見た目もきれいでオススメ!

 

お部屋も明るくなります。

お菓子の空き缶に入れてもイイですね。

 

コサージュが崩れた場合、素材にもよりますが、

お湯を沸かした時、出る湯気に当てると復活するそう。

ぜひ、お試しあれ!

 

まとめ

コサージュの付け方や色は何色などについて、
ご紹介しました。

 

これからコサージュをつける機会も多くなるので、
ぜひ知っておきましょう!

 

色んなタイプのコサージュがあるので、

この機会に見つけてみては^^

 

タイトルとURLをコピーしました