父の日製作でネクタイかけでキメル!どうやって作ればいいん?

季節の行事
この記事は約3分で読めます。

お父さんに感謝を伝える父の日って
いつか知っていますか?

 

毎年日にちが変わるので、いつだったかな?
なんて思うこともあるかもしれません。

 

父の日は6月の第3日曜日です!

 

しっかり覚えておいてくださいね!

 

そんな父の日ですが、
お子様と一緒にプレゼントを製作したい!
なんて考えているママも多いですよね。

 

ただ、小さいお子様だとあまり複雑なものは
作れないしどうしよう…と
悩むこともあるかもしれません。

 

小さいお子様でも作ることのできる
父の日の製作物を紹介いたします!

 

父の日製作にネクタイかけがおすすめの理由

お父さんと言えば、
毎日スーツを着て仕事へ行っている…なんて
お家も多いんではないでしょうか?

 

もちろん、スーツではなく作業着や
私服でお仕事を行くお父さんもいますよね。

 

ただ、礼服など1着は持っていますよね。

 

洋服はハンガーにかけますがネクタイって
意外と収納に困ったりするんですよね。

 

普通のハンガーに
ネクタイをかけているお父さんも多いんです!

 

そんなお父さんに、
ネクタイかけを作ってプレゼントしてみては
いかがでしょうか?

 

わが子が心を込めて作ってくれたネクタイかけ、
毎朝そこからネクタイを取るだけでも
1日のやる気が変わってきますよ!

⇒⇒⇒父の日に製作したいネクタイハンガーはもう試しましたか?

 

父の日にネクタイかけを製作したい!簡単な作り方

ネクタイかけを作るには、
特別な材料はいりません

 

 

  • 作り方

トイレットペーパーの芯2個、画用紙、
りぼんか紐、はさみ、のり、
シールやスタンプ、クレヨンや色鉛筆など

 

 

  1. トイレットペーパーの芯をセロハンテープで
    しっかりと2つ繋ぎ合わせます。

    キッチンペーパーの芯やラップの芯などは
    長さがあるので1つでOKです!

  2. 1でつなぎ合わせた芯に画用紙を
    綺麗に張り付けていきます。

    画用紙はお父さんの好きな色など、
    何色でもOK!

  3. 2の芯に絵をかいたり、シールやスタンプを
    つけたりと模様をつけていきます!

    指でスタンプしたり手で握って
    手形をつけるのもおすすめですよ。

  4. 芯に、りぼんか紐を通します。
    ハンガーのようにして
    上のほうで固く結びます。

  5. 画用紙を丸型に切り抜いて、
    似顔絵やメッセージを書いて
    結び目の下に張り付けて完成です!

    赤ちゃんなど小さいお子様は、この部分に
    手形をつけるのもおすすめですよ。

 

まとめ

ネクタイかけって
意外と簡単に作れるんです!

 

幼稚園以上の子はすべて自分で作れますし、
飾りつけなどは赤ちゃんでもできるので、
幅広い年齢のお子様にもいいですね。

 

ぜひ作ってみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました