ぶどうで皮ごと食べることができる品種!おすすめの2つを紹介

スポンサーリンク
食べ物・飲み物
スポンサーリンク

ぶどうって皮を剥いて食べると手が汚れるし、
とても面倒なんだよね。

 

 

そこで、ぶどうを食べるならぜひ、

皮ごと食べられる品種を選ぶようにしましょう。

 

 

皮ごと食べられるならとってもお手軽なのでいいですよね!

 

 

今回は、皮ごと食べられる品種のぶどうを
2つ紹介していきます。

 

スポンサーリンク

シャインマスカットの皮は硬い?しかしそれを上回る食感がおすすめ

まず1つ目の皮ごと食べられるぶどうはシャインマスカット

 

 

マスカットってサッパリした風味がとても美味しいですよね。

 

私も好きですね~^^

 

そして意外にも、シャインマスカットという品種は、

皮ごと食べることできて、軽く水洗いすれば、

そのまますぐにたべられるんです。

 

 

もともとシャインマスカットは、

皮ごと食べる前提で作られているため、

皮を剥かずに食べてもとっても美味しいんです。

 

 

人によってはちょっと皮が硬いと
感じるかもしれなんですよね…。

 

 

もちろん気になる場合は皮を剥いて食べてもいいけど、

シャインマスカットの皮がめっちゃ薄いので、

ちょっと剥くのが大変です!

 

 

やっぱりおすすめは皮ごと食べるですよ。

 

 

皮ごと食べることで、パリッとした食感がして、

中から爽やかな果汁が口の中であふれ出すので、

皮の食感も楽しめるんですね。

 

 

ただし、シャインマスカットは、

皮を剥く手間もないし、

なおかつ美味しいだけあって、

なかなかお安くは手に入れられません…^^;

 

 

でもぜひ皮ごと食べたいなら、たまの贅沢に

シャインマスカットを買ってみてはいかがでしょうか?

ぶどうの栄養素は皮にあり!効能にそそられないおすすめのぶどうは?

 

 

人気のぶどうナイアガラを皮ごと食べるべき理由!皮と果肉の間に…

 

ナイアガラという品種のぶどうを美味しく食べるには断然、

皮ごと食べた方がいいんですよ。

 

 

ナイアガラの皮と果肉の間が一番甘みが強いんですよね。

 

 

皮と果肉の間がゼリー状の層になっているんですが、

このごくわずかな部分がとても甘いんです。

 

 

つまりナイアガラの甘さをしっかり味わうには、

皮を剥いてしまうよりも、

皮ごと食べた方が実感しやすいんですよ。

 

 

皮を剥いてしまうと、
果肉と皮の間にある甘い層も剥がれてしまうんですよね…。

 

 

ナイアガラは本来、皮ごと食べるべき品種でないので、

正確には皮ごと口に含んで、

後から皮を口から出すようにしましょう。

 

 

もしくは、皮ごと口の中に入れずに、

果肉を搾り出すように口の中に入れ、

ゼリー状の甘い層もしっかり吸い出して食べるといいですよ。

 

 

つまり、皮から果肉と甘い層を吸い出して食べることですね。

 

 

確かにこの食べ方なら、皮を剥いて食べる必要もないので、

とっても手軽に食べられますね。

 

 

ちなみにナイアガラは、種のある品種なんですが、

種を取り出さずにそのまま飲み込んでしまうのが
美味しい食べ方なんだとか!

 

 

種の周りの果肉は少し酸味があるので、

口に果肉を入れたら、

あまり噛まずに飲み込んでしまうのがおすすめなんですよ。

 

 

ナイアガラって、果肉を飲み込むときの
のど越しも楽しむぶどうなんですって!

 

 

へぇ~知らなかったなぁ~^^;

 

 

ただ、飲み込む力がよわい小さいお子さんや、

お年寄りにはあまりおすすめできないですね。

 

まとめ

皮ごと食べられる品種のぶどうは
シャインマスカットがおすすめ!

 

 

薄くて硬めの皮は口に含んで噛むと、

パリッとした食感になってとっても美味しいですよ。

 

 

ナイアガラという品種は皮も一緒には食べられませんが、

皮と果肉の間が一番甘いので、

皮も口に含んでしまうのが良いでしょう。

 

 

もしくは皮から果肉と甘い層を吸い出して
食べるのがベストなんですよ。

 

 

皮を剥かずに食べるとかなり手間なしなので、

ぜひ品種を選んでぶどうを食べましょう!

食べ物・飲み物
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう♪
ミッキーをフォローする
気になる記事ある?