バナナの美味しい見分け方とは?バナナの疑問がコレで解決!

食べ物・飲み物
この記事は約4分で読めます。

美味しいバナナを買いたいなら、
バナナのどこを見て
判断すればいいんでしょうか?

 

 

やっぱりせっかくバナナを買うんですから、
少しでも美味しいものを選びたいですよね!

 

 

そこで今回は知っておくと何かと役立つ、
美味しいバナナの見分け方と、

バナナが傷んでしまい、
もう食べない方が良い時の特徴
紹介していきます!

バナナは甘いのが好きなあなたへ!簡単な選び方

バナナはやっぱり甘くて
美味しいのが良いですよね!

 

 

ということで、美味しいバナナを選びたいなら、
以下のポイントを持つバナナを購入しましょう。

 

 

  • しっかりと黄色いバナナを選ぶ

 

バナナはぜひしっかりと
黄色い色をしているものを選びましょう。

 

 

黒い斑点があったり、
また青み(緑)がかったバナナは、

まだ熟しておらず
食べると青臭さが目立ちます。

 

 

そのため、ちょうど良いのは
ちゃんと黄色くなっているものですね。

 

 

  • 程よく固く傷が少ないもの

 

触ってみて柔らかいものは
熟れ過ぎてしまっているものです。

 

 

そのため、バナナは房に近い部分を触ってみて、
硬めのものを選ぶようにしましょう。

 

 

そうすれば熟し過ぎていない
鮮度の良いバナナを見分けられますよ。

 

 

  • 大きめのバナナを選ぶ

 

角ばっていたりサイズが小さいバナナは、
美味しさが低い証拠なので、
あまり選ばない方がベスト。

 

 

反対に大きくて丸みのあるバナナ
選んでいくようにしましょう。

 

 

以上が美味しいバナナの見分け方なんですが、
やっぱり色や硬さって大事なんですね!

 

 

特にバナナって傷みやすい果物なので、
鮮度が良く美味しいものを選んでいくといいですよ。

 

甘いバナナの罠…黒い・柔らかいは腐敗へのカウントダウン!

 

バナナは熟し始めると、
シュガースポットといって、

皮に黒い斑点模様が出来ることがあります。

 

 

それ自体には何ら問題はないのですが、
バナナはとにかく熟して傷むのが早いので、

シュガースポットが出てきたら、
早めに食べるようにしましょう。

 

 

また、シュガースポットが出ただけではなく、
柔らかくなってしまったバナナは熟し過ぎて、

もう傷んできてしまっているので、
なるべく食べない方が良いでしょう。

 

 

バナナは傷むと黒くなるだけでなく、
ふにゃふにゃに柔らかくなって
しかも変な汁が出てきます。

 

 

そうなると本当にもう食べられないので、
思い切って捨ててしまってくださいね。

 

 

まだ黒い斑点が出てきたくらいなら
食べられますが、
柔らかくなったり汁が出てきたものは要注意!

 

 

絶対に食べずに処分していくようにしましょう。

 

 

ちなみに、バナナは房の部分を
ラップやアルミホイルで包んでおくと、

熟すスピードが遅くなって
鮮度を保ちやすくなるのでおすすめ!

 

 

 

ぜひバナナを少しでも長持ちさせたい場合は、
房の部分をラップやアルミホイルで
包んでおく
ようにしましょう!

 

まとめ

バナナはしっかりと黄色くて、
硬さと丸みがあり、
大きいサイズのものを選ぶのがおすすめですよ。

 

 

どうしてもバナナは熟れてくると、
シュガースポットといって
黒い斑点が出てきますが、

それ自体は食べても問題ありません。

 

 

ただ、ふにゃふにゃに柔らかくなってしまうと、
バナナは傷んでしまった証拠なので、

絶対に食べずに
捨ててしまうようにしましょう。

 

 

特に変な汁がバナナから
出た場合は要注意ですよ!

タイトルとURLをコピーしました