自動車税はクレジット払いがオススメ?!手数料はいくらかかる?

スポンサーリンク
お金
スポンサーリンク

自動車税を納めるのってちょっと面倒^^;

でも、今や納税クレジット払いでできる時代。

ただし、クレジット払いする時の手数料とか、
コンビニからもクレジットで納税が可能なのかも気になります。

 

そこで今回は、自動車税をクレジット払いする時の注意点などを紹介します。

スポンサーリンク

自動車税のクレジット払い…コンビニ支払いはクレジットが使えない?!

自動車税を納めるときに知っておきたいことをまとめました!

 

  • コンビニでの納税にはクレジットカード払いは不可

自動車税はクレジット払いが可能です。

 

実はコンビニから納税する場合は、クレジットカードが使えないんです。

納税場所に指定されているコンビニであったとしても、

コンビニのレジで自動車税の支払いができるのは現金のみ

そのため、コンビニから納税したい場合は、
必ず現金を用意しておくようにしましょう。

 

ちなみに、セブンイレブンでしたら、
納税金額をチャージしておけばnanacoカードで支払いをすることが可能。

といっても、わざわざチャージしてから税金を支払うのも面倒ですよね。

ということで、クレジット払いをするなら、
コンビニでは納税ができないことをまず覚えておきましょう。

 

  • クレジット払いするのは専用のサイトから

Yahoo!公金支払いサイト』または、

国税クレジットカードお支払いサイト』にアクセスするとクレジット払いができます。

 

ちなみにクレジット払いする場合、
納税の際にかかる手数料はだいたい300円前後。

 

ただし自治体によって手数料の金額が多少変わってきます。

手数料はYahoo!の公金支払いサイトから確認できるので、
事前にチェックしておくといいですよ。

 

  • 遅延金が発生した場合はクレジット払いできない

納付期限を過ぎてしまった場合は、
遅延金が発生してしまうので、
クレジットカードで支払いをすることができません。

 

そのため、もし遅延してしまった場合は、

再度送付される納付書などを持っていき、
指定の納付場所で納税するようにしましょう。

 

自動車税をクレジットで支払うならWEBサイト! 手数料を上回るポイントでお得に支払える?!

自動車税をクレジット払いするには、
先ほども説明したように注意しなければいけません。

 

実はとってもメリットがあるんですよ!

 

まず自宅にいながらにして、24時間いつでも納付ができます。

確かに、先ほど紹介した、Yahoo!公金支払いサイトや、
国税クレジットカードお支払いサイトでしたら、

いつでもアクセス可能なので、忙しい合間に、
納税しに行く必要もありません。

 

しかも何より、クレジットカードで自動車税支払うことで、
マイルやポイントなどを貯めることができてとってもお得!

 

特に自動車税は車種によっては納付する額が大きいので、

クレジット払いすれば、支払った金額分、
ポイントやマイルを貯められるというワケなんですね。

 

そうなると、手数料300円前後を支払ったとしてもあまり痛手にならないし、
ポイント還元率によってはむしろプラスになる可能性も!

 

車税金額が高い場合は、コンビニなどで支払うよりも、
クレジットカード払いした方が特に良いですよ!

まとめ

自動車税をクレジット払いする場合、コンビニで納税するのではなく、

専用のサイトから税金を納められます。

 

クレジット払いだと、だいたい300円前後の手数料がかかりますが、
支払う額が大きいとその分ポイントやマイルも貯まるので、何かとお得!

ただし、納付期限を過ぎてしまうと、クレジット払いができません。

 

納付書が届いたらすぐに納めるのがオススメです^^

お金
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう♪
ミッキーをフォローする
気になる記事ある?