アルミ鍋の焦げを取る方法とは?!愛用の鍋をキレイにしたい!

家事
この記事は約4分で読めます。

アルミ鍋の焦げを取るには
一体どうしたらいいんでしょうか?

 

 

鍋が焦げ付いてしまうと、
なかなか落ちなくて本当に厄介!

 

 

でも、あるものを使うことで、
愛用しているアルミ鍋にこびりついた焦げも、

簡単に落とすことが出来るんですよ!

 

 

そこで今回はアルミ鍋の焦げを
取る方法
をご紹介。

 

 

すごく簡単かつ便利な方法なので、
ぜひ焦げてしまった場合はお試しくださいね!

重曹が使えないアルミ鍋…焦げを取る救世主はクエン酸!

アルミ鍋が焦げ付いてしまった場合は、
クエン酸を使って焦げを取るように
していくのが良いんですよ!

 

 

  1. まず、鍋に焦げた部分が浸かるくらいに
    水を張ってください。

  2. 次にクエン酸を入れるのですが、
    その量は水1Lに対して、
    だいたい大さじ4~5杯程度ですね。

  3. 後は火にかけてグツグツと
    煮立たせていきましょう。

 

 

ただし強火ではなく
弱火で沸騰させ、
煮立たせていくのがポイント。

 

 

弱火でじっくりと
10分煮立たせたらお湯を捨て、

食器洗い用の中性洗剤をつけたスポンジで、
焦げの部分をこすり洗いしていきましょう。

 

 

たったこれだけで、
アルミ鍋にこびりついた頑固な焦げも、

しっかりと落とすことが
出来るのでぜひおすすめの方法ですよ。

 

 

クエン酸で煮立たせると、
焦げがあっという間に取れるようになるので、

クレンザーやタワシなどを使って、
ゴシゴシこすらなくてもいいので
すごく楽なんですよね。

 

 

筆者も今までは鍋やヤカンの焦げなどは、
クレンザーとタワシを使って
力を入れてこすっていましたが、

クエン酸で煮立たせればその必要はなし!

 

 

鍋にも優しいので、
ぜひクエン酸で焦げを落としていきましょう。

 

 

ただし煮立たせて鍋のお湯を捨てたら、
すぐにこすり洗いをした方が良いので、
鍋がまだ熱々の状態になっています。

 

 

そのため火傷には
注意して鍋をこするようにしましょう!

 

アルミ鍋の焦げはクエン酸がなくても代用可能!これでさようなら!

 

アルミ製の鍋の焦げには
クエン酸が効果的なんですが、

もし家にクエン酸がない時は、
お酢を使って焦げを取りましょう。

 

 

お酢もクエン酸と同じ量を入れて、
そして弱火で煮立たせて
10分経ってからお湯を捨て、

スポンジでこすり洗いをすればOKなんですよ。

 

 

お酢にもクエン酸が含まれているので、
実は焦げを取り除くのに
とっても効果的なんですよね。

 

 

また、レモン汁にもクエン酸が含まれているので、
お酢を切らしていた時はレモン汁を使って、

焦げを落としていくようにしましょう。

 

 

要はクエン酸そのものか、
クエン酸を含むものを入れて、

煮立たせていくというのが
ポイントになるんですね。

 

 

筆者も鍋を焦がした時のために、
クエン酸を買っておきます。

 

 

クエン酸は焦げ落としの他にも、
水垢の除去など、

掃除に何かと使えるので、
あるとかなり便利なアイテムですよ。

 

 

ぜひクエン酸を活用して、
アルミ鍋をキレイにしていきましょう!

 

まとめ

アルミ鍋の焦げを取る方法は
水とクエン酸を入れ、

10分煮立たせてから
スポンジでこすり洗いをしていくこと。

 

 

すると頑固な焦げ付きも
しっかりキレイにすることが出来るので、

とってもおすすめな方法なんですよ。

 

 

クエン酸が家に無い場合は
お酢かレモン汁を使って、

焦げを落としていくようにしましょう。

 

 

そうすれば愛用のアルミ鍋も
ピカピカになってとっても安心です!

タイトルとURLをコピーしました