あおいパークで碧南美人をゲット!愛知県碧南市の穴場スポット !?

スポンサーリンク
お出かけ
スポンサーリンク

あなたは、
愛知県にある「あおいパーク」という施設をご存じですか?

 

初めて聞いた方も多いですよね。

 

愛知県の南に位置する碧南市(へきなんし)にあります。

 

この「あおいパーク」ですが、

正式名称を
「碧南市農業活性化センター あおいパーク」と言います。

 

農業が盛んな碧南市。

中でも一番の特産品と言うのがにんじんです。

 

碧南市で収穫されるブランドにんじんを
「へきなん美人」と言って、

色鮮やかでとても甘くておいしいんですよ。

 

収穫時期は11月から3月ごろです。

1月ごろが一番の旬とも言われています。

 

この時期は、あおいパークで「へきなん美人」が買えます。

 

産地直送で新鮮なので、
特においしい「へきなん美人」をゲットすることができますよ。

 

ただし、人気の商品なので、
売り切れてしまう可能性があります。

早めに行きましょう!

 

スポンサーリンク

他にも魅力いっぱい!あおいパークってこんなところ

 

碧南市の特産品、「へきなん美人」が
購入できると紹介しました。

 

ここからはあおいパークの魅力について

さらにお伝えしていきます。

 

碧南市では、にんじんの他にも、

玉ねぎ、いちじく、トマト、キュウリなど

様々な農作物が作られています。

 

気候が温暖なので、おいしい野菜ができると言われています。

 

あおいパークは、その碧南市の中にある、
農業と食をテーマに作られた施設です。

 

施設内にはいろいろな場所がありますが、
一番の人気はなんと言っても産直市です。

 

毎日採れたての新鮮な野菜や花が並びます。

 

産直市は朝9時から開いているので
午前中を中心に混雑しています。

 

ここで買った野菜はとてもみずみずしくておいしいと評判です。

 

あおいパークでは野菜を買えるだけではなく、

その場で食べられるレストランもあります。

ここでも碧南産の野菜を使った料理が食べられます。

 

日替わりランチやセットもあるので、
いろいろな種類が楽しめますよ。

 

朝9時からはモーニングセットもあります。

ボリューム満点なのに360円で、かなりお得です。

数量限定なので、お早めに!

 

また、施設内には体験農園もあります。

さつまいもやにんじんなどのもぎ取りがその場でできます。

お子さんには嬉しいですよね。

実際に土に触れて野菜を収穫すると、よりおいしく感じます。

 

野菜の他にも、碧南市は花の産地でもあります。

花や観葉植物が見られる観賞温室もあります。

地元産のテラコッタ(鉢)を使って展示されています。

 

季節によって花は違いますので、四季に合わせて楽しめます。

 

こんな穴場スポットや楽しみ方も…

施設内には珍しい穴場スポットもあります。

それが「ハーブのお風呂」。

 

市民の方が栽培したハーブを入れたお風呂です。

ハーブの効果で心も体も癒されますよ♪

 

また、あおいパークでは、常設の施設だけではなく、

体験教室や講座、イベントも開かれています。

 

定期的に、料理教室や手作りパン教室、
ソーセージ教室などが開催されています。

開催日程をチェックして、申し込んでみてくださいね。

 

基本情報とアクセス方法

ここまであおいパークの魅力を紹介してきました。

ここで基本情報をお伝えしておきます。

 

◆開園時間

 午前9時~午後21時
(体験農園や観賞温室などは午後17時まで・浴室は午前11時~)

 

◆休園日

 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)・年末年始など

 

◆入園料

 無料(施設によっては別途料金が必要)

 

あおいパークへの入園が無料というのは嬉しいですよね。

ただし、施設内には別途料金が必要な場所や、

体験・講座などは料金が必要ですのでご注意ください。

 

続いてアクセス情報です。

あおいパークには無料の駐車場が330台あります。

 

時間によっては混雑していますが、
満車になることはほぼありませんので、
車で行くことをおすすめします。

 

公共交通機関を利用する場合は、

名鉄三河線「碧南中央」駅から市内巡回バスで、
約20分で到着します。

 

「へきなん美人」をはじめとした新鮮な産直野菜をゲットできるし、

いろいろな体験もあるので、お子さんも楽しめます。

 

家族連れにぴったりの施設なので、
ぜひ足を運んでくださいね(^^♪

お出かけ
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう♪
ミッキーをフォローする
気になる記事ある?