甘酒は寝る前に飲む!風邪に効く3つのポイントとは?

食べ物・飲み物
この記事は約2分で読めます。

甘酒と言えば、初詣の時に露店で
必ず見る飲み物ですよね。

 

初詣に行くと飲みたくなるんだよね。

 

あったまるし^^

 

そこで、甘酒は寝る前に飲むと風邪に良いなど、
詳しく紹介します。

甘酒は寝る前に飲むと良い?!

 

甘酒は寝る前に飲むと良いのは、
一日の疲れや興奮した脳をリラックスさせて、
カラダも温まるので眠りの質が高くなります。

 

ストレスや疲れを解消してくれる
「パントテン酸」や
アミノ酸「GABA]が甘酒には含まれています。

 

寝る1時間くらい前に飲むと、
風邪の引き始めにはいいです。

 

疲れが長引くと、免疫力も下がり
風邪のウイルスが寄ってきやすい^^;

 

甘酒は風邪に効く3つのポイント

  1. 甘酒は豊富に含まれているビタミンやアミノ酸など、
    必要な栄養をいっぺんにカラダに取りいれることができる。

  2. 食欲がない時、腸の消化吸収も助けてくれるので
    カラダに負担なく飲みやすい。

  3. ブドウ糖がたくさん入っているので、
    善玉菌を腸内で増やして働きが活発になり
    免疫力アップにつながる。

 

甘酒と一緒に飲むとイイはちみつは、
殺菌効果や甘酒を飲みやすくしてくれる。

 

また、風邪にはビタミンCもイイので、
レモンやクエン酸などを入れると効果的です。

甘酒の効果とは?

  • 甘酒は効率よく体内にエネルギーを吸収しやすい。
  • 甘酒は、豊富に含まれているブドウ糖や
    ビタミンB1、B2、B6、天然のアミノ酸
    などがとれる。

  • ブドウ糖は、脳やカラダに即効性が
    あるので疲労回復が早い。

  • ビタミンB群が豊富に入っているので、
    カラダの代謝がアップ。

  • 消化吸収を助けてくれるので、
    胃腸に優しい飲み物。

  • 甘酒は食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれている。
    腸内環境を整えてくれたり、
    便秘の予防や解消につながります。

  • 麹菌は免疫力を高める効果があります。

まとめ

甘酒は風邪の予防にもつながり、
健康的な飲み物ですよね。

 

寒い冬を乗り切るためにも、
ぜひ取りいれていきたいです。

タイトルとURLをコピーしました