こんなところにニキビが?!できた場所ごとの原因と対策

スポンサーリンク
健康・美容
スポンサーリンク

お顔にできてしまったニキビ用の化粧水や
石鹸はたくさんありますが、
ニキビって顔だけじゃない。

 

背中や脇など全身のいたるところにできてしまいます。

 

それは毛穴のあるところなら、
どこでもニキビはできるからです。

 

なので油断していると、なんでこんなところに?!
というところにもできてしまいます。

 

ニキビ対策には原因を知ることが大切です。

 

そこで、人の目に触れやすく、
ニキビができたら困る2箇所の
ニキビの原因について、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

まぶたのニキビは女性ならではの、あれが原因?! 化粧はしっかりおとすべし

まずお顔の中でも痛くて目立つ、まぶた。

 

メイクをする時にニキビがあると困りますよね。

 

痛くて大変です。

 

まぶたニキビの原因はそのメイク!
アイメイクの汚れが残っていることです。

 

目の皮膚はとっても薄くてデリケート。

アイメイクの取り残しや、
クレンジングのさい皮膚を傷つけてしまいニキビになります。

クレンジングはしっかりと取り残しの無いように!

 

また、力を入れて擦りすぎて皮膚を傷つけないようにしましょう。

 

 

髪の刺激によってもニキビができることがあります。

 

え?髪みたいな軽いもので??と思うかも知れませんが、
前髪の刺激はおでこニキビの大きな要因。

 

その前髪が長く、目にかかっている方は、
まぶたニキビができるかもしれません。

 

おでこよりもまぶたの皮膚の方が薄いので要注意です。

 

外的要因だけではありません。

内的要因でニキビができることも。

 

肝臓・腎臓の機能が低下するとニキビができるそうです。

要はお酒の飲み過ぎはお肌にも良く無いということです。

 

また、まぶたニキビだからこそのニキビ原因。

 

眼精疲労。
目が疲れているから目にニキビができるのです。

 

疲労でリンパや血液の巡りが悪くなってしまい、
ニキビができます。

 

皮膚は血液から栄養をもらっているので、血行は凄く大切!

 

目の周りのマッサージなど優しく行いましょう。

ニキビの原因は部位によって違う?!男性ニキビのお悩み解決!

 

うなじのニキビはオシャレと紫外線に原因あり?! 正しいケアでさよならニキビ!

夏が近づき、首周りや肩周りの露出が増え気になるのが、
うなじニキビ。

 

自分で見えないからこそ、人の目が気になるし、
ケアしずらいところです。

 

うなじニキビの主な原因は2つ。

 

 

  • 1つ目は、オシャレ

 

ネックレスやチョーカーなどのアクセサリーです。

 

ネックレスの金属部分が、
お肌へ刺激を与えてかぶれてしまったり、ニキビができます。

 

チョーカーなどの金属が使われていないアクセサリーでも、
蒸れてしまい、お肌が過敏になりニキビができます。

 

ちなみに冬でもマフラーなどで蒸れてしまいますので、

年中気をつけたいところですね。

 

少しでも痒みが出たりしたら、
オシャレ我慢をせず、外しましょう。

 

また、洗い残しや、泡の取り残しなど、
自分で見えないからこそ、毎日の入浴でも気をつけてあげましょう。

 

 

  • 2つ目は、紫外線

 

夏は首元の露出が増える季節。

うなじはついつい日焼け止めの塗り忘れが
起きてしまいやすい箇所。

 

紫外線が当たると乾燥します。

 

乾燥は毛穴が開くのでニキビの原因トップです。
乾燥はうなじだけではなく、全ニキビの要因なんです。

 

日焼け止めの塗り忘れには気を付けましょう。

 

また、髪が長く陽に当たらないからと油断してはいけません。

髪の長い方は、陽が当たっていなくても、汗で蒸れています。

 

蒸れはお肌を過敏にさせますし、
たくさんかいた汗が毛穴汚れの原因になり
ニキビができる可能性は大いにあります。

 

日焼け止めや日傘などの紫外線対策と、
ハンカチやタオルなどで汗を拭き取ることが大切です。

 

まとめ

顔の他にもニキビは全身にできます。

 

これからの季節、夏は水着や浴衣と、
お顔以外の露出が増えてきますから、
全身お手入れをして、夏を素敵に過ごしたいですね。

健康・美容
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう♪
ミッキーをフォローする
気になる記事ある?